猫が飼い主に鼻を触られたときの心理3つ

猫が飼い主に鼻を触られたときの心理3つ

猫の鼻は、匂いを感じたり、呼吸を助けたり、人間と同じ役割を果たす以外にも、ヤコブソン器官と呼ばれる器官でフェロモンを感知しています。このヤコブンソンの働きにより、発情期のメス猫が発する性フェロモンや、マタタビの匂いを感知することができるのです。人間には感じることができない匂いですよね。猫にとって、大切な役割を果たす「鼻」を飼い主さんに触られたとき、猫はどのように思っているのでしょうか?

13451view

1.うっとり

猫の鼻を触る手

元々猫は、顔周りを撫でられるのが大好き。猫が自分では、毛繕いできない場所だからです。鼻筋から鼻にかけて触られると気持ち良いと感じ、うっとりするでしょう。指の腹で優しく撫でると喜びます。「気持ちいい。もっと触って!」という気持ちなのでしょうね。

2.安心

猫の鼻を触る手

猫を触ろうとするとき、鼻を動かし、「クンクン」と匂いを嗅ぐ仕草を見ることがありますよね。猫は、匂いを嗅ぎ分け、相手の様々な情報を集めています。猫にとって、大好きな飼い主さんの匂いは、安心できるもの。飼い主さんの手をの匂いを嗅ぎ、「安心」と思っているでしょうね。

3.ご挨拶

鼻チューする猫

仲の良い猫同士は顔を合わせると、鼻を近づけてお互いを確認します。「鼻チュー」なんて呼ばれていますが、何とも微笑ましい光景ですよね。

猫の鼻は、ヤコブンソン器官の働きにより、発情期のメス猫が発する性フェロモンを感知することができます。

人間には感じることができない匂いですよね。猫同士でお互いの匂いを確認し、挨拶しているのです。飼い主さんが手を伸ばしたときに、鼻を近づけてくるときは、挨拶をしてくれているのでしょう。

まとめ

ドアップの猫

いかがでしたか?猫は優れた嗅覚の持ち主。大好きな飼い主さんの匂いに安心したり、優しく撫でられると喜びを得ることができます。しつこく触るのは禁物ですが、上手に距離を保ちながら、日頃のスキンシップに役立てて頂ければと思います。

スポンサーリンク