フレンドリーな猫の特徴3つ

フレンドリーな猫の特徴3つ

人懐っこくでフレンドリーな猫ちゃんはどのような特徴があるのでしょうか。見分ける基準として参考にして下さい。

1092view

フレンドリーな猫って

飼い主の足の上で寝転ぶ黒猫

猫ちゃんにも多くの猫種があり、そしてさらに多くの性格があります。猫ちゃんと一緒に暮らす生活を考えたときに、やはり皆さん人懐っこい猫ちゃんがいいという声が上がります。当然、人に懐きにくい猫ちゃんよりは懐きやすい猫ちゃんの方が、初心者さんには飼いやすいと言えるでしょう。

では、多くの猫ちゃんがいる中で人に懐きやすい、フレンドリーな猫ちゃんにはどのような特徴があるのか調べてみました。これから猫ちゃんを初めて飼おうか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

1. 猫ちゃんの品種による

座って上を見上げるラグドール

猫ちゃんの品種によって、大まかに性格の傾向がある程度決まっています。もちろん多くの猫ちゃんがいますので、必ずしも種類によって決まっているわけではないのですが、大まかにこのような性格とわかっている部分があります。

一般的によくあげられるのが、ラグドールやスコティッシュフォールドといった猫種は活発で社交的な性格と言われています。人間に対しても近づこうとしてくれますし、他の猫ちゃんに対しても同じです。

よく遊んだり穏やかな性格をしていたりする傾向がありますので、どの猫ちゃんを飼ってみようか悩んだときには、猫種によって参考にしても良いかもしれません。

2. 毛柄による

キャットタワーの上で何かを狙う茶トラ猫

世界の各地で多くの猫ちゃんにまつわる研究が行われています。その中でも「猫ちゃんの毛柄」によって性格が決まっているという結果を出した研究があります。

毛柄がいわゆる遺伝子レベルで性格を決定づけていることに関連しており、毛柄によって大まかに性格を分けることができるというものです。

その研究でいくと人懐っこく、甘えん坊で社交的な性格が多い毛柄は「茶トラ」と言われています。好奇心も旺盛で人に対して興味があり自ら近づこうとしてくれます。

反面、食欲も旺盛なので肥満には注意すべきと言われていますので、そのポイントさえ押さえれば大丈夫でしょう。

3. 環境による

毛布の上で寝転ぶ子猫

猫ちゃんの性格は環境によって決まるものと言っている実験もあります。人間と同じで子供のときに過ごした環境が性格を決定づけるという論です。猫ちゃんの場合は生後3週〜9週にかけてが性格を決定づけるに当たって重要な期間と言われており、この時期の過ごし方がその後の猫ちゃんの性格を決めます。

その時期になるべく他の猫ちゃんと一緒に過ごしつつも人間との触れ合いを持たせて、「人間=怖くない」ということを認識させると人懐っこい性格になるでしょう。

まとめ

チャオ

猫ちゃんのフレンドリーさには様々な要因があることがわかりました。あらゆる面でみて人懐っこいかどうかが決まりますし、その後の環境でも決まりますので飼い主さんもぜひ愛猫への接し方の参考にしましょう。

スポンサーリンク