猫の気持ちを尊重しないと起こる『5つのこと』

猫の気持ちを尊重しないと起こる『5つのこと』

日々猫と暮らす中で、気持ちを尊重してあげていますか?気がついたら飼い主さんの都合ばかりを押し付けていた…こんな状態だと大変なことになってしまうかもしれません。しっかりとチェックしてください。

2195view

1. 粗相

怒っている猫

猫の気持ちを尊重しないと、不満を溜めた猫が粗相してしまうかもしれません。排泄物がものすごくキツい匂いを発しますので、飼い主さんは困ってしまうでしょう。どんなに洗っても匂いが取れなくて、捨てる羽目になることもあります。

なぜ粗相するのか原因を確認しましょう。トイレが汚いのかもしれませんし、飼い主さんがいなくて不安に陥っているのかもしれません。猫とは適度なコミュニケーションをとっていくことが大切です。気持ちを汲んであげてください。

2. 信頼関係の崩壊

そっぽを向く猫

せっかく築いた信頼関係が崩壊してしまう可能性があります。気持ちを尊重してくれない飼い主さんに警戒心を抱いてしまうのです。そうなると猫の方から近寄ってきてくれたり、仲良くしたりすることはできなくなってしまうでしょう。

悲しい雰囲気になってしまいますので、猫の気持ちはなるべく尊重してあげることをお勧めします。やはり仲良しな方が一緒に暮らしていて楽しいでしょうから。

3. ストレスを溜める

ストレスフルな猫

気持ちを尊重して貰えない猫がストレスを溜めてしまうことも考えられます。猫はとても繊細な生き物なので体調に響いてくることも珍しくありません。飼い主さんには大したことないことでも、重く響いてしまうことがあるのです。

ストレスが溜まると食欲不振になったり、突発性膀胱炎になったりします。十分に気をつけてあげてください。人よりはるかに繊細だと知ってあげましょう。

4. 威嚇される

威嚇する猫

気持ちを尊重しないことで猫に「この人は敵だにゃん。」などと思われてしまったら、ちょっと近づくだけで威嚇されてしまうかもしれません。愛猫に「シャーッ!」と言われるなんて悲しすぎます…。

どの辺りで猫の気持ちを尊重できていないのか、考えてみましょう。人目線で考えていては原因が見えてこないかもしれません。猫の気持ちになって考えてみてください。

5. 家出しちゃうかも

家出する猫

あまりに気持ちが分かって貰えないと嫌けがさして家出してしまうことになるかもしれません。外での暮らしは大変ですし危険がいっぱいです。

大切な愛猫が家出したいと思わないように気をつけてあげてください。もう帰って来ないなんて耐えられない飼い主さんは多いでしょう。猫が自ら「ここにいたい。」と思う家にしてあげてください。

まとめ

不満げな猫

猫の気持ちを尊重しないと良いことにはならないようです。完全に理解することはできなくても、なるべく汲み取ってあげるようにしましょう。それが猫との和解をする方法です。

スポンサーリンク