猫の幸せのために飼い主が心がけるべき『5つのこと』

猫の幸せのために飼い主が心がけるべき『5つのこと』

猫と言葉で会話をすることはできません。ですから幸せかどうかを確認することはできないのが残念なところです。猫がハッピーに暮らしていけるようにするには、何をしたら良いのでしょうか。チェックして行きましょう!

1582view

1. 環境作り

キャットタワーにいる猫

猫が幸せに暮らせる環境作りをしてあげましょう。なるべく静かに過ごせるように心がけたり、何かあった時に身を守れる隠れ家を設置したり。落ち着いて眠れる場所や清潔なトイレも大切です。

完全室内飼いの場合どうしても運動不足になってしまいがち。体を動かせるキャットタワーやステップなどの設置も行うと良いでしょう。猫が好きな時に遊べるようにしてあげてください。

2. 触れ合う時間を作る

じゃれる猫

1匹でも平気そうに思われる猫ですが、飼い主さんと触れ合う時間も必要です。なるべく一緒に過ごす時間を作ってあげると良いでしょう。スキンシップをはかるのも良いですし、お気に入りのおもちゃで遊ぶのもマルです。

ただ猫が気分でない時は、そっとしておいた方が良いでしょう。無理に構おうとするとストレスになってしまいます。猫がその気の時にたくさん構ってあげてください。

3. 経済的なこと

お金を抱える猫

猫を飼うにはある程度経済的なことも考えておいた方が良いでしょう。といっても普段の生活にものすごくお金がかかる訳ではありません。

猫は人のように公的な健康保険がありませんので病院にかかった時に高額になりやすいのです。全て自費で支払う必要があります。特に手術をすると数十万円単位で医療費が必要になることがありますので、気をつけましょう。いざという時の為にペット保険に入っておくのも有効な方法です。

4. 健康に気を使う

診察を受ける猫

猫が幸せに暮らす為に健康は大切です。なるべく長い時間病気にかからないように注意してあげましょう。定期的な健康診断や体重測定など、できることがあります。

また、食事内容にも気をつけると良いでしょう。おやつは量を控えるか与えないようにし、1日の食事量を超えないように注意します。肥満になると病気にかかりやすくなるなどデメリットばかりになってしまいます。注意してあげてください。

5. 猫の立場に立って考える

考える猫

人目線ばかりではなく、猫の立場に立って考えることも大切です。種族が違う生き物ですので当たり前ですが、感じ方や反応が違います。

猫はとても繊細です。人からすると大したことがないことでも敏感に反応してしまいます。大きな音や模様替えなどにストレスを抱えることもありますので、気をつけてあげましょう。

まとめ

タロウ

猫が幸せそうにしてくれていると、飼い主さんも幸せを感じるはず。お互いに快適に過ごせるように工夫していけると良いですね。環境を整えられるのは飼い主さんだけです。責任を持ってあげてくださいね。

スポンサーリンク