猫が嫌がることを繰り返すと起こる悲劇4つ

猫が嫌がることを繰り返すと起こる悲劇4つ

猫が嫌がることはいくつかありますが、もしそれをしつこく繰り返していたらどんなことになってしまうでしょうか。起きると思われる悲劇をご紹介します。ぜひチェックしてみてください!

452view

1. 信頼されなくなる

警戒している猫

猫が嫌がることを繰り返していたら信頼されなくなってしまうでしょう。信頼関係はとても大事です。それがなければせっかくの猫のぷにぷにな肉球やふわふわの顔を撫でることができなくなってしまいます。

近寄ろうとしても逃げられてしまい、ショックを受けることになるでしょう。平和に仲良く暮らす上で信頼関係は必要です。猫が嫌がることは極力しないようにすることがオススメ。十分に気をつけてくださいね!

2. 家出

家出する猫

あまりに嫌で家出を企てようとするかもしれません。ちょっとした隙を狙って外へ脱走してしまうのです。こうなると探すのが大変ですし猫が危険な目にあう確率も高いです。

外には絶対に出さないようにしなければいけません。もし飼い主さんに嫌なことを繰り返しされたら、それは家出したくなって当然です。猫にとってプラスな存在になれるように気をつけて行きましょう。

3. ストレスを溜めてしまう

ストレスを溜めていそうな猫

嫌がることを繰り返すことでちょっとずつストレスが溜まっていくでしょう。それが積もりに積もっていつか、爆発する時がきてしまうかもしれません。

それに猫はとても繊細でストレスに弱いです。ちょっとしたことでも感じすぎてしまいますので、気をつけてあげてください。猫が嫌がることは極力しない!と誓いを立てることをお勧めします。

猫が嫌がることは過度にベタベタしたり大きな音を立てることなどです。猫の気持ちに立って考えてあげてください。また、猫が嫌がるそぶりを見せたらすぐにやめてあげることが大切です。

4. 威嚇される

威嚇する猫

猫が嫌がることを繰り返しているとそのうち、威嚇されるようになってしまうかもしれません。可愛い愛猫にそんな行動をされたらショックです。でも猫も必死に自分の身を守ろうとするのです。ですから飼い主さんが猫の脅威とならないように気をつけなければいけません。

もし威嚇されるようになってしまったら、もう一度始めから信頼関係を作り上げる必要があります。それには時間がかかるかもしれませんが猫の気持ちに配慮しながら心の距離を詰めて行きましょう。

まとめ

微妙な表情の猫

可愛い猫に嫌がることを繰り返す飼い主さんはあまりいないとは思いますが、もしかしたら気づかずにやってしまう可能性があるかもしれません。

人からするとちょっとしたことでも、猫にとってはとてもストレスに感じることもあるのです。そうした違いを把握して配慮しながら接するようにしなければいけません。

気をつけてあげられるのは飼い主さんだけです。良い関係を構築していくようにしてください。

スポンサーリンク