猫が両手を伸ばして寝るときの心理5つ

猫が両手を伸ばして寝るときの心理5つ

猫は寝ている時、本当に様々な体勢を取ります。可愛い寝姿から思わず笑ってしまう変な姿勢まで。その時の気温や気分によって変わるようですが、両手を伸ばしている時はどんな心理が働いているのでしょうか?探って行きましょう。

1831view

1. 安心している

安心している子猫

安心できる環境だからこそ、無防備に両手を伸ばして寝るのでしょう。そこまで伸びていると何か危険なことが起きた時にすぐ逃げることができません。

つまり無防備でいても大丈夫、という安心感があるからこそできる体勢だということです。ですから猫が両手を伸ばして寝ていたら、家の中が安心できる場所だと思っているということなのです。

2. 暑い

仰向け寝の猫

暑い時にも両手を伸ばして寝ることがあります。仰向けの場合はお腹を全開にして体温を逃しているのです。両手を伸ばしておくことでより、逃げる熱を増やしているのでしょう。

逆に下向きの場合は、床にお腹をつけることで体温を下げているのです。両手を伸ばせばより体を密着させることができます。あまりに暑いと熱中症にかかってしまう可能性がありますので、夏用の猫グッズやクーラーなどを上手に使って適度に冷やしてあげてください。

3. リラックス

リラックスして眠る猫

リラックスしているから、両手を伸ばしているのでしょう。もし緊張していたらそんな無防備な体勢は取れません。リラックスして体がふにゃふにゃになったからこそ、両手をビロ〜ンと伸ばしているのです。

思わず手先に触れたくなってしまいますが、そこは触られるのを嫌がることが多いです。いたずらに触れないようにしてください。触ろうとするとスッと引っ込められてしまうかもしれません。

4. 安定する

両手を伸ばしている猫

両手を伸ばす体勢が安定するからかもしれません。寝る時は猫によって落ち着く形があります。元々両手を伸ばすクセがあるので、そのような体勢になっているのかも。

きっと寝やすいのでしょう。人が仰向けや横向きのクセがあるように、ぐっすり眠れる体勢があるのかもしれません。

5. 気持ちいい

爆睡中の猫

両手を伸ばすと気持ちいいと感じている可能性も。伸びをしているような感じなので、快適に眠れるのかもしれません。

猫は1日のうち半分くらい寝ているといわれています。そのうちの大半が浅い眠りで数時間は熟睡の時間です。両手を伸ばして寝ている時にどちらの眠りなのかは分かりませんが、快適に思っていることは間違いないでしょう。

まとめ

チャチャ

猫がぴろんと両手を伸ばしている姿はユーモラスでもあり可愛くもあります。暑い時は注意してあげる必要がありますが、それ以外は総じて良い気分でいる時のようです。ですからそれほど気にする必要はないでしょう。

熟睡している時に起こしてしまうと、寝不足になってしまう可能性がありますので、伸ばした手に触れない方が無難のよう。触りたくてもグッとこらえてあげてくださいね!

スポンサーリンク