『飼い主不足』を感じている猫がする仕草5つ

『飼い主不足』を感じている猫がする仕草5つ

クールに見える猫ですが、心の底では飼い主さんとの触れ合いを必要としています。そして「飼い主不足」を感じると様々な特徴的な行動に出ます。それはどんなものなのか。確認していってくださいね!

1972view

1. 良く鳴いている

何かに向かって鳴いている猫

「にゃあぁ〜ん」と遠吠えのような鳴き声で鳴いているときは、飼い主不足を感じています。寂しくなってしまったのでしょう。思わず構いたくなってしまいますが、毎回構っているとそれに味をしめてしまうことが。

構ってほしくなったら鳴く、ということを繰り返すようになってしまいます。ですから、ほどほどに構ってあげるのが良いでしょう。あまり飼い主さんに依存するようになってしまうとお互いに大変です。たまには無視する勇気を持ちましょう。

2. 強めにスリスリしてくる

女性の顔にスリスリしている猫

猫は良く飼い主さんにスリスリしますが、特に強い力でしてくるときは飼い主不足を感じているのでしょう。「構ってぇぇ〜」「甘えたい!」そんな気持ちが強くなっているのです。

この要求を断れる飼い主さんはなかなかいないでしょう。猫にスリスリされるのは、くすぐったい場合もあります。適度に構ってあげてください。満足した猫はゴロゴロ言いながら幸せそうな表情を浮かべてくれるでしょう。

3. 邪魔猫

飼い主の膝に置かれたパソコンの上に乗る猫

どこからともなく現れ、目の前にドカッと居座る邪魔猫。遠慮も何もありません。「さ、作業ができない…。」飼い主さんの困り顔など完全無視です。

それほどまでに自分に注目してほしいのです。よほど飼い主不足を感じているのでしょう。プライドが高い猫も良くこのような行動に出るようです。自分に注目が注がれていないことに不満を感じるのだとか。適度に相手をしてあげて、さっさとどいてもらいましょう。

4. いたずらをする

花瓶を倒して割った猫

いたずらをして飼い主不足を解消しようとする場合も。何かをしでかせば飼い主さんがすっ飛んでくると予測しているのです。棚の上の物を落としたり、鉢植えを倒してみたり。

叱りたくなってしまいますが、きっと寂しかったのです。ですから、大目にみてあげても良いかもしれません。これも鳴くパターンと同じで毎回反応していると味をしめてしまうことがあります。たまにはスルーすることも大切です。

5. ストーカー化する

物陰に隠れて様子を窺っている猫

飼い主さんがどこに行くにも付いていき、ストーカー化してしまった猫。これも飼い主不足が原因だと思われます。いつもいつでも一緒にいないと落ち着かないのかもしれません。甘えん坊の猫に多い傾向があります。

性格は直しようがないので仕方ありませんが、あまりに飼い主さんへの依存度が高いと「分離不安」という症状に発展することがありますのでご注意を。健気に付いてきて、まん丸のあどけない目で見上げてくる姿、とっても可愛いですけどね。

まとめ

不満そうな猫

猫が飼い主不足を感じると「構って」パワーが強くなるようです。あれやこれやの手段を使ってどうにかこうにか飼い主さんの気を引こうとします。猫だってひたむきな努力をしているのです。適度に応えてあげてくださいね!

スポンサーリンク