愛猫が亡くなる時、後悔しないために必ずやるべき4つのこと

愛猫が亡くなる時、後悔しないために必ずやるべき4つのこと

ほとんどの場合、愛猫を飼い主さんが見送ることになると思います。辛いですが後悔しないためにはしっかりと考えなければ。猫が今正に亡くなりそうな時、何をしたら良いのでしょうか?チェックしておきましょう。

4072view

1. なるべく側にいる

飼い主の手を掴んで眠る猫

猫の命の炎が今にも消えそうなとき、なるべく側にいるようにしましょう。その方が安心することは間違いありません。病院で看取るか自宅で看取るかも重要ポイント。できるなら慣れ親しんだ家の方が良いという意見がありますが、そこは飼い主さんの判断になります。

飼い主さんが仕事で外出しているときなどは、帰宅するまで待っていてくれることもあるようです。健気ですね。愛猫の死期が近いと感じたら、なるべく側にいられるようにスケジュール調整したいものです。

2. 触れる

猫の頭を撫でている飼い主の手

弱っていく愛猫を撫でたり抱っこしたりして安心させてあげましょう。大好きな飼い主さんが触れてくれれば、死の恐怖も半減するのではないでしょうか。

猫の方から抱っこなどを要求してくることがあるかもしれません。最期のときまで触れ合ってあげてください。飼い主さんの愛情を感じた猫はきっと、思い残すことなく天国へと旅立っていけるでしょう。

3. 声をかける

ソファーで眠っている猫を優しく撫でる女性

優しく声をかけることもオススメです。臨終が近い猫は、目が見えないことがあります。そんな不安の中、飼い主さんの声が聞けたら安心です。名前を呼ぶなどして最期のひと時を共に過ごしましょう。

猫への感謝の気持ちを伝えるのも良いですね。言葉の意味は分からずとも、飼い主さんが思っていることは伝わっています。思い出話をするのも良いかもしれません。余すことなく感謝の気持ちを伝えていきましょう。

4. なるべく楽にさせる

眠っている猫の鼻を触る飼い主の指

猫が楽に逝けるようにしてあげるのも重要です。なるべく長く一緒にいたいと延命治療を施すこともあると思いますが。これは猫にとって結構辛いものだそうです。

死期が近づくと自然にご飯を食べなくなるのですが、強制給餌をするのも苦しい思いをさせてしまいます。延命治療を否定しているわけではありませんが、猫にとって最善の方法を考えてあげましょう。

やはり自然な形で天命を全うするのが1番楽に逝けるよう。なるべく長く一緒にいたい気持ちは良く分かりますが、ベストな方法を選んであげてください。

まとめ

横になっている猫に添い寝する女性

考えたくないけれど、いつかは来てしまう愛猫との別れの日。そのときを思うと今から涙が溢れてきてしまいます。でもいざという時後悔しないよう、そして猫を最善の形で送り出せるように、どう行動すれば良いのかを考えておくと良いでしょう。

あらかじめ決めておくことで、慌てずに済みます。そのときになって焦っては良いお別れはできないでしょう。きちんと考えておくことをオススメします。

スポンサーリンク