猫が飼い主にしている『I LOVE YOU』5選!こんな仕草や行動で愛情表現してる♡

猫が飼い主にしている『I LOVE YOU』5選!こんな仕草や行動で愛情表現してる♡

猫に「I LOVE YOU」と表現されたことはありますか?「ないかも…」という方は、もしかしたら気がついていないだけかもしれません。猫がどんな形で愛情を伝えて来てくれているのか、ぜひチェックしていってください!

8097view

1. しっぽをピンと立てる

しっぽを立てて歩く猫

飼い主さんのことを見たとき、しっぽがピンと立つ。こんな光景を目にしたことないでしょうか?これは愛情表現の一つ。親しみを表しています。

ぜひ猫がこちらへ向かってくるとき、しっぽに注目してみてください。もしだらんと垂れていたらがっかりですが、きっと大丈夫でしょう。信頼関係ができている猫なら、しっぽがピンとなっているはずです。「I LOVE YOU」と伝えてくれていますので、こちらも撫でるなどしてお返しすると愛の交換ができるでしょう。

2. 舐める

抱っこされて飼い主の顔を舐める猫

飼い主さんのことを舐めてくるとき。これも愛情表現です。猫は親しい仲間に対してペロペロします。これを飼い主さんにも行っているのです。つまり仲間と思ってくれている、ということです。

ですが、個体差がありますので舐めてくれないからといって愛情がないわけではありません。ご安心を。猫によってしつこいくらいによ〜くペロペロしてくれる場合とサラッとしか舐めないことがあるのです。ここは個性ですので、あまり気にしないようにしましょう。

3. じ〜っと見つめる

こちらをじっと見つめる猫

何となく視線を感じると思ったら、猫にじ〜っと見つめられていることはありませんか?これも愛情表現の一つです。猫界では相手と目を合わせるのは喧嘩を売っていることになってしまうので、通常はご法度です。ですが、信頼関係のある相手に対してはその通りではないようです。

猫の熱い視線を受け取ったときはゆっくり瞬きをしてみると良いでしょう。「好きだよ」と伝えられます。猫もお返ししてくれたら、両思いということです。幸せな空気が流れますのでオススメです。ラブラブなときを共有してしまってください。

4. 後を付いてくる

座ってこちらを見上げる猫

移動するとなぜか猫が付いてくる。こんなことはありませんか?甘えん坊の猫に多いようですが、大好きすぎて片時も離れなくないのでしょう。中にはトイレやお風呂前で熱烈に出待ちしてくれることもあるようです。

いわゆる「ストーカー猫」。もしかすると飼い主さんのことを母猫だと思っているのかもしれません。理由はどうであれ、そこに深い愛情があることに変わりはありません。

5. 側にいる

パソコン作業をする飼い主の膝の上に乗っている猫

気がつくと猫が側にいる。こんなときも猫の愛が溢れています。さりげない表現ですが、側にいると安心するのでしょう。つまりとても信頼して、愛しているわけなのです。

ツンデレ猫であっても取る行動です。ベッタリとはくっついてこないけどいつも近くにいる、という場合、飼い主さんのことが大好きだと思ってよいでしょう。

まとめ

まろ

素っ気ないイメージを持たれやすい猫ですが、実は愛情深い生き物です。様々な形で愛を伝えてきてくれているのです。そのサインを見逃さないようにして、猫とのラブラブな暮らしを満喫しましょう!

スポンサーリンク