人間が『勘違いしている』猫のこと3つ

人間が『勘違いしている』猫のこと3つ

猫ちゃんへの勝手なイメージで人間が勘違いしてしまっている事があります。今回は間違った認識をしている事例を紹介して、猫ちゃんへの正しい認識に努めていきます。

4820view

それは勘違い

口を開ける猫

皆さんは、猫ちゃんにどのようなイメージを持っているのでしょうか。「孤独が好き」「静か」など様々なイメージがあるかと思います。しかし中には事実とは違う認識が広まっていることもありますので、それについては正しい認識に変えていかなければなりません。

猫ちゃんに詳しいと自負している人でも今一度、自身の知識が正しいかどうかチェックしてみて下さい。もしかすると、思わぬ発見があるかもしれません。

1. 魚が好き

魚くわえている猫

猫ちゃんと言うと、「魚が大好物」と考える人は多いのではないでしょうか。テレビアニメの影響によるものなのか、肉よりも魚を好むと考える人が多く、野良猫にマグロの刺身を与えている人も見かけることがあります。

しかし実は猫ちゃんは肉食動物です。魚よりは肉の方を好む子が多いです。元々猫ちゃんの先祖は砂漠に住んでいたリビヤマネコと言われています。砂漠に住んでいますので体が濡れることをそもそも嫌う傾向があり、まして魚を獲るために水中に潜るなんてことはしません。

実は日本だけ

肉食動物は体内に動物性のタンパク質の栄養素を必要としますので、野生の猫ちゃんはうさぎや鳥、昆虫やネズミなどを捕まえて生活しています。世界的に見ても、猫ちゃんに魚系の餌を与えたがるのは日本人ぐらいと言われています。

キャットフードや猫ちゃん用のおやつの中には、魚の味付けの商品が多く販売されていますが、あくまでもそれは日本人向けに販売されている、と言っても過言ではないでしょう。

2. 孤独が好き

ポツンといる猫

猫ちゃんと聞くと孤高に生きていく、と言うイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。これは半分正解で半分間違いと言えると思います。確かに野生の猫ちゃんは母猫のもとで狩りを学んだ後に独り立ちをします。

猫社会では、あまり顔見知りではない猫ちゃんとは距離をとって座り、猫のコミュニティを作り上げていきます。しかし家猫に関しては特に子猫から飼い始めると、飼い主さんのことを母猫と思っており、かつ独り立ちを飼い主さんから促したりはしませんので、そのまま人懐っこい猫ちゃんとして育つことがよくあります。

飼い主さんの後を後ろからトコトコとついて行ったり、自分から甘えようとアピールしたりする姿を見せるので、飼い主さんからすると「犬のようだ」と言う感想を残す人もいます。そのため「孤独が好き」と言うのは、育った環境によるところが多くを占めます。

3. 3年の恩も3日で忘れる

見つめる猫

猫ちゃんは犬に比べて、受けた恩もすぐ忘れると思われる方いらっしゃらないでしょうか。実際はそんなことはありません。優れた聴覚や嗅覚、そして記憶力を持っています。

そのため優しくしてくれた人には自然と懐いていきますし、一度嫌なことをされたと言う記憶が残ると近づこうとしないと言う点もあるのです。

まとめ

ふうちゃん

猫ちゃん自身、クールなツンデレと思う人は多いと思うのですが、実際は犬のような猫ちゃんもいるという事実があります。固定概念に惑わされず猫ちゃんの魅力を知ってみて下さい。

スポンサーリンク