猫が飼い主に攻撃してきた時にしてはいけないNG行為5選

猫が飼い主に攻撃してきた時にしてはいけないNG行為5選

何もしていないのに、突然猫が飛びかかってきた!こんな事態になったらどうしますか?こんな驚きの状況の時にとってはいけない行動を5つ、お伝えします。万が一に備えて、しっかりとチェックしてください!

4580view

1. 叩く

叩かれそうな猫

猫が攻撃してきた時に叩くのはNGです。反撃してくる可能性があるからです。また恐怖心を感じて飼い主さんとの信頼関係にヒビが入ってしまうこともあるでしょう。

今後の関係のために、叩いてもプラスになることはありませんので、決して行わないでください。臆病な性格になってしまうこともあるようです。伸び伸びと振る舞えないようになるのは可哀想です。気をつけてあげてください。

2. 大声を出す

叱られる猫

大声を出して叱るのも逆効果になってしまいます。ただ怖がらせるだけで猫がいうことを聞いてくれることはないでしょう。エネルギーの無駄になってしまいます。

猫と本気で威嚇し合うなんて意味がない上にとっても危険。下手をするとあの鋭い爪やキバで傷をつけられてしまうかもしれません。ケガから感染症にかかる可能性がありますので気をつけましょう。

猫に嫌われてしまうことも多いにあります。一度心を閉じてしまったら、また信頼してもらうまでに苦労するかもしれません。リスクが大きいですので大声を出さないように注意しましょう。

3. 押さえつける

押さえつけられる猫

猫が攻撃してきた時に押さえつけるのは良くありません。体を拘束されるのが大嫌いなので、飼い主さんに苦手意識を持ってしまうかも。逆上して更に攻撃される可能性も。

押さえつけるのではなく、タオルや毛布などを上からスッポリとかけてあげると安心します。しばらくして落ち着いたら、自分から可愛い姿を見せてくれることでしょう。

4. 応戦する

戦う女性

猫に負けじと応戦するのはあまりオススメいたしません。そもそも驚異の身体能力を持つ彼らに人が敵うわけないのです。爪は鋭いしジャンプ力はものすごいし、すばしこいし。飼い主さんが勝てる要素がほぼありません。

ケガをする可能性大なので、応戦することは避けましょう。まずはなぜ猫が攻撃してきたのかを見極め、必要があれば対応していってください。

5. 振り払う

振り払われる猫

攻撃してきた時思わず振り払ってしまいそうですが。これもしてはいけない行動の1つです。猫がケガを負ったり余計に興奮させたりしてしまうかも。そうなったら後が大変になってしまいます。

怖くても痛くても時に、完全無視する態度が必要です。噛まれそうな場所を布などで保護しておくと、ケガをせずに済みますので対策していきましょう。

まとめ

攻撃する猫

猫が突如として攻撃してきたら、まずはなぜそのようなことをするのか理由を見つけることが大切です。お互いのためにも必ず原因を探っていきましょう。

スポンサーリンク