みんな意外としてる?よくある『猫疲れ』5つ

みんな意外としてる?よくある『猫疲れ』5つ

猫と接していると、たまに疲れてしまうことはありませんか?一般的にどのようなことでぐったりとなってしまうのでしょうか?猫疲れの原因になりやすいことを5つ、挙げてみました。チェックしていきましょう。

933view

1. 猫と遊ぶこと

人と遊ぶ猫

飼い主さんが家にいると遊びをせがむことがあるでしょう。猫はあまりこちらの都合は考えてくれません。飼い主さんが忙しそうにしていたとしても、遊んで欲しかったら要求します。

可愛くおねだりされるとどうしても断れなくて、お望み通りに遊ぶこともあるでしょう。でも中々にして体力のある猫です。いくら一緒に遊んだとしてもエンドレスで遊びたがる場合が。そんな元気な猫の様子に疲れてしまう飼い主さんもいるでしょう。

2. 構って攻撃

こちらを見る猫

甘えん坊の猫は飼い主さんに向かって良く、構って攻撃を仕掛けてきます。仕事中でもテレビ中でも、スイッチが入ったら要求してくるでしょう。いつもいつも対応しているとそれが当たり前となってしまいます。

たまにはお断りすることも大切。その方が構われた時の猫の嬉しさも倍増でしょう。たとえ構って圧を感じたとしても全部応じなくてOK!飼い主さんも猫と同じくマイペースでいきましょう。

3. 膝に乗られて動けない

リラックスしすぎな猫

愛猫が膝の上に乗ってくる。至福の時間です。でも困ることもあります。動けなくなることです。

どかしてしまえば良いのですがご満悦している猫の顔を見るとやすやすとできるものではありません。トイレを我慢してまで猫にお付き合いする飼い主さんもいるそうです。

そんなこんなで疲れてしまう場合、あるのではないでしょうか?

4. 邪魔猫

キーボードに乗る邪魔な猫

使用中のキーボードの上に居座られて…。猫がいるおうちには度々、邪魔猫が登場します。飼い主さんの注意が自分に向いていないのが嫌なよう。また甘えん坊の猫は構って欲しいのでしょう。

可愛い行動ですが同時に困ることでもあります。勝手に変な文字を打たれたり電源オフされたり。それでいて全く悪びれた様子がありません。

しばらく猫を構ってあげると満足してくれるよう。満たされればどいてくれるかもしれませんので、仕方ないからナデナデしてあげましょう。

5. 要求が多い

食べ物が欲しい猫

お腹が空いた、トイレ掃除して、遊んで、構って!と猫にはたくさんの要求があります。それらを叶えるのに疲れ果ててしまう状況があるかもしれません。

基本的にそれほど手はかからない動物ですが、猫によっては要求が強い場合も。トイレ掃除はやらないと粗相される可能性がありますのでしっかりと応じていきましょう。その他の要求は無理のない範囲で対応していけば大丈夫です。

まとめ

疲れる飼い主と猫

可愛いはずの猫でも、一緒にいると時に疲れることがあるでしょう。でもご自身を追い詰め過ぎず、できないことはできないときっぱり断りましょう。それが長続きの秘訣です。

スポンサーリンク