猫が飼い主の手をぎゅっと抱きしめる心理5つ

猫が飼い主の手をぎゅっと抱きしめる心理5つ

なぜか猫が手をぎゅっ…!え?どしたの?う、動けない。なぜ猫は飼い主さんの手をぎゅっとしてくるのでしょうか?可愛すぎるその行動には色々な心理が働いているようです。探っていきましょう。

2460view

1. 大好き

人の手に手を置く猫

猫が飼い主さんの手をぎゅっと抱きしめる理由…それはやはり大好きだからでしょう。溢れ出る愛が抱きしめるという形で表れているのです。可愛すぎます!

飼い主さんのことが大好きすぎて、中々離してくれないこともあるようです。仕事に行こうにも行かれない。そんな状況があるかもしれません。嬉しいけれどちょっと困る猫の行動です。

2. 温かい

人の手にしがみつく猫

飼い主さんの手が温かいので離してくれない可能性も。ぎゅっとすると体温が伝わり体が温まります。特に寒い季節は湯たんぽ変わりにされてしまうことでしょう。

でも猫にくっつかれた飼い主さんの方も温かくなるのが嬉しい点。人よりも少し高い体温でぬくぬくと温めてくれるでしょう。正に天然の湯たんぽです。ちょっと重いですが…。

3. 安心する

手にしがみつく猫

ぎゅっとしていると安心なのかもしれません。子猫や子猫気分の猫の場合、甘えん坊の傾向があります。母猫代わりの飼い主さんの手をギュッとして一安心。

何かあったら守ってくれる、そんなことを思っているのかもしれません。特に子猫は母猫なしでは生きていけませんので、飼い主さんを頼るのは当たり前です。手をぎゅっとしたまま寝てしまうこともあるかもしれません。そんな猫を優しく見守り、慈しんであげてください。

4. 保護してくれてる…?

手につかまる猫

もしかすると飼い主さんを守ってくれているという考えもできます。か弱くて獲物も狩れない飼い主さんを必死で守るためにぎゅぎゅぎゅっとしているのかも。

どう考えても猫の方がか弱い気がしますが、猫からしたら飼い主さんのことを保護すべき存在だと思っているのでしょう。ぎゅっとしながら周囲に目を光らせ、敵襲がないかを確認します。いざという時は身を呈して飼い主さんの手を守る覚悟でしょう。

5. 可愛がっている

手にじゃれる猫

母性本能が働き可愛がっている相手に対してぎゅっとすることがあります。「もう離さにゃい!」と飼い主さんの手を抱きしめます。可愛くて仕方ないのでしょう。

猫は飼い主さんのことを母猫代わりと思うことが多いようですが、稀に子猫のような視点で見ることもあるようです。「もう、この子ってば可愛いんだから!」とぎゅっとしてくれている可能性があります。せっかくですから思う存分、可愛がられると良いでしょう。楽しい時間が過ごせそうです。

まとめ

マロン

愛猫がぎゅっとしてきてくれたらそれだけで幸せムード全開です。でもそこには様々な心理が働いているよう。どんな気持ちでぎゅっとしてくれているのか考えてみましょう。猫をより身近に感じられるはずです。愛猫とのラブラブタイム、満喫してくださいね!

スポンサーリンク