猫とずっと一緒にいられる今のうちに、しておきたいこと5つ

猫とずっと一緒にいられる今のうちに、しておきたいこと5つ

いつもはあまり家にいられないのに、突然時間ができた。そんな時どう過ごして良いか戸惑うことがあります。せっかくですから猫と一緒に過ごす時間を充実させるのはいかがでしょうか?今のうちにしておきたいことを5つご紹介します!

1190view

1. たくさん遊ぶ

遊ぶ猫と飼い主

猫と一緒にいられる時にやることといえば!遊ぶことです。普段できない分、思う存分一緒に楽しみましょう。猫お気に入りのおもちゃを使って、飛んだり跳ねたりしてもらうと運動不足の解消や気分転換になります。絆を深めることにも繋がりますのでオススメです。

大抵の猫は遊び好きです。飼い主さんが遊んでくれるとなると、目を輝かせて喜んでくれます。今だからこそたくさん遊んで、楽しく過ごしましょう!

2. しつける

トイレトレーニング中の猫

時間がある時だからこそ、根気のいるしつけをするのもオススメ。登って欲しくない場所を教えたり、お手などの芸を覚えさせたり。

何度も繰り返せばいつかは覚えてくれます。またおやつをうまく使って行うのもマル。気まぐれなので根気がいることだけは覚悟しておきましょう。

3. 体のお手入れに慣れてもらう

爪切りされる猫

猫と多く触れ合える時だから歯磨きや爪切り、ブラッシングなどの体のお手入れに慣れてもらうというのはいかがでしょう?これらを嫌がることが多いので、少し大変かもしれません。

少しずつ少しずつ慣れてもらうのが得策。嫌がったらすぐ解放してあげましょう。無理にお手入れしようとすると苦手意識ができてしまい、その後やりづらくなってしまうかもしれません。せっかく時間があるのですからゆっくりと慣れていってもらいましょう。

4. スキンシップをとる

抱っこされる猫

猫が嫌がらない範囲で、ここぞとばかりスキンシップをとりましょう。ナデナデするも良し、抱っこするも良しです。たくさんイチャイチャすればそれだけ幸せ度が上がります。

なぜなら猫に触れると幸せホルモンが分泌されるから。それは猫も同じよう。スキンシップをとることでお互いハッピーになれますので、これはやるしかないでしょう。

5. 観察する

猫と飼い主

いつもはそこまでじっくり見られないでしょうから、猫の観察を行うのも良いでしょう。どんな動きをしているのか、時間帯によってどこにいるのかなどを見ていくと、大体の一日の動きが分かってきます。

それが分かったからどうということはないのですが、もっと猫が快適に過ごせる環境を整えられるかもしれません。例えばいつも日向ぼっこをしている場所にクッションなどを置いたり、活動時間に一緒に遊んだり。

猫がより喜んでくれるようにできるかもしれません。観察することでもっと身近に感じられます!

まとめ

はるる

せっかく猫とたっぷり一緒に過ごせるのですから、今しかできないことをするのがGood!より絆を深めていきましょう。

スポンサーリンク