好きだから?猫が飼い主を『出待ち』する心理5つ

好きだから?猫が飼い主を『出待ち』する心理5つ

ドアを開けたら前で愛猫が待っててくれてた。とても嬉しい瞬間です。でもなぜ猫は出待ちをするのでしょうか?その不思議な行動の心理を探りました。チェックしてみてください!

2768view

1. 何をしているか気になっている

ドアの前にいる猫

ドアで閉鎖された空間の中で飼い主さんが一体何をしているのか、気になっている模様です。音はするけど何の音なのか良く分からないし、姿は見えないしで余計に興味を惹かれるのでしょう。

ドアにめいっぱい近づいて中の様子を探ろうします。耳をそばだてている時に突然ガチャっと飼い主さんが出てきて「出待ちしてる」と思われるのでしょう。

猫としたら「何してるか、気になっただけにゃん」という感じかもしれません。

2. スキを狙っている

ドアを開けようとする猫

ドアの中の領域は猫にとって神秘の世界。というのはいい過ぎですが普段は閉ざされているトイレなどは、パトロールしたくて仕方ないのでしょう。飼い主さんが出てくるタイミングを狙って、あわよくば中に入ろうと出待ちします。

トイレであれば問題ないかもしれませんが、気をつけたいのはお風呂です。お湯が張ってある状態は猫にとってすごく危険。下手をすると溺れてしまう可能性がありますので、絶対に近づけないように注意しましょう。

お湯を張った時は必ずお風呂のドアは閉めておくこと。猫が自ら開けてしまう場合もあるので、十分に注意してください。

3. 心配

お風呂のドアの前にいる猫

お風呂に入っている飼い主さんが心配という説もあります。水は猫にとって体を冷やしてしまうもの。ですからそれがいっぱい入っているお風呂に、わざわざ自分から浸かりにいくことを心配しているのです。

「そんなとこ入ったら体冷えちゃうよ!」「夜寒くて死んじゃうかもしれないよ」「溺れちゃうかも」などと、鳥越苦労をしてくれているのかもしれません。お風呂から出てきた飼い主さんの顔を見て、ホッと胸を撫で下ろしているのでしょう。

4. 何か要求がある

ドアから顔をのぞかせる猫

ご飯やトイレ掃除などをしてほしくて、出待ちしている場合も。一瞬「待っててくれたの?」などと淡い期待を抱いてしまいますが、残念ながら多分何かして欲しいことがあるだけです。

「まだかにゃ〜。お腹空いたからご飯欲しいんにゃけど」「トイレ綺麗にして欲しいにゃ」と思って待っているのに違いありません。悲しいかな要求が通ればそそくさと、どこかへ姿を消してしまうでしょう。

5. 母猫だと思っているから

ドアの前の猫

身の回りのお世話をしてくれる飼い主さんを母猫のように思っていることは多いです。出待ちをしている猫は、母の姿が見えないので少し不安になってしまったのかもしれません。

「そんなところで何してるにゃ?」「早く出てきてにゃ!」とママが恋しいのでしょう。早く顔を見せてあげると喜んでくれるはずです。

まとめ

とうふ

猫の行動には不可解なことが多く、長年一緒に暮らしていても全ては理解できません。

どんな理由にせよ、出待ちは飼い主さんからすると可愛い行為でしょう。その様子を楽しむようにすると良いのではないでしょうか。猫ライフ、思いっきり楽しんじゃってくださいね!

スポンサーリンク