初めてのキャットシッター!準備すること、気を付けること

初めてのキャットシッター!準備すること、気を付けること

猫は留守番が得意とは言われていますが、24時間前後の留守番はよくありません。その場合に考えなければならないのは、留守中に猫のお世話をしてくれる人を捜すことです。それではキャットシッターについてお伝えいたします。

359view

キャットシッターとは?

猫に餌をあげる人

猫は保守的な動物ですから、テリトリーである家から出るのを嫌がる傾向があります。飼い主がやむを得ず留守にする時は、ペットホテルを利用するもしくは家で留守番をさせるという二択になるでしょう。

近所にいる家族や友人が留守中の愛猫のお世話をしてくれるのであれば、家で留守をさせるのは問題はありません。ただし面倒をみてくれる人がいない場合には、キャットシッターにお願いすることも大変良いでしょう。

身分のしっかりした人

身分証明書を示す人

動物取扱業の免許を明示し、料金が明朗に提示されているキャットシッターを選びましょう。キャットシッターは鍵を預かり、家の中へ入って猫のお世話をしてくれます。信頼関係を築ける人にお願いしましょう。

出張可能地域であること

パソコンで検索する人と猫

キャットシッターは出張可能地域の決まっている事が多いです。沿線から捜すと良いでしょう。もしくはキャットシッターを利用している猫の飼い主からの口コミも大変参考になります。

仕事の内容を把握する!

台所にいる猫と人間

キャットシッターとしてのサービス内容がそれぞれ違う事があります。一日に何度来てもらいたい場合、投薬のある猫の場合など、それぞれの猫に合った出張とキャットシッターのサービス内容が依頼内容と重ならないときは難しいでしょう。しっかりと仕事内容を把握してから依頼をしましょう。

相性も大切!

猫を抱き上げる女性

事前打ち合わせを行い、キャットカルテを作ってくれるタイミングがあります。ほぼ長く仕事をしているキャットシッターには問題はないでしょう。しかしまれにどうしてもキャットシッターと飼い主、もしくは愛猫との相性が悪い事があるかもしれません。

基本は相性が良く、飼い主が信頼できる人にお願いするのがベストです。初めてでも、猫のために断る勇気も必要です。

早めに準備をする!

スーツケースに入る猫

忙しい時期は飼い主のキャットシッターの利用割合も高くなり、直前の予約では難しくなります。旅行、仕事など予定が決まり次第早々にキャットシッターの予約を済ませておきましょう。ホテル代や旅行代と同じで、繁忙期の金額は少し割り増しになります。

まとめ

猫にミルクを飲ませる女性

初めてのキャットシッター!準備すること、気を付けることについてお伝えいたしました。

猫はペットホテルへ預けるよりも、自宅でキャットシッターにお願いする方が良いとも言われます。ペットホテルに預けると2日間何も食べなかったなど聞くこともあります。留守番の選択肢として、キャットシッターは大変有効のようです!

スポンサーリンク