猫を触ろうとすると逃げてしまう理由5つ!もしかして、嫌われてるの…?

猫を触ろうとすると逃げてしまう理由5つ!もしかして、嫌われてるの…?

可愛い猫を触りたいと思うのは、当たり前の感情です。あのもふもふには思わず、触れたくなります。でもいざ触ろうとしたら、サーッと逃げられてしまった…。ショックです。でもそこには、きちんと理由が存在しています。

932view

1.気分じゃにゃい

嫌がる猫

猫は気分屋なので、たとえ大好きな飼い主さんであっても気分じゃない時は素っ気なく対応されます。触ろうとしてもススーッと避けられることは、日常茶飯事。

猫の性格にもよりますが、王様女王様タイプであれば飼い主さんに合わせてくれることは少ないでしょう。

触りたければあちらから近づいてくるなど、その気がある時にするとスムーズです。「撫でて〜」といってきた時は、絶好のお触りタイム。猫の気が済むまでたくさんナデナデしてあげてください。

2.ちょっと怖かった

逃げた猫

猫を触ろうと思って急にバッと近づいていませんか?それが怖かった可能性があります。猫は急激な動きにビックリしてしまいますので、なるべくゆっくりと近づくと良いでしょう。

彼らからしたら、人間はかなり大きな動物です。それがいきなり近づいてきたら、恐怖を覚えるのは当たり前のこと。ビックリさせないように配慮しながら近づけば、きっと触らせてくれるでしょう。

3.他に興味を惹かれている

窓の外を見る猫

集中している時は当然ですが、触らせてくれません。おもちゃや虫、外にいる鳥など何か他のものに興味を惹かれているのかも。下手に邪魔をすると嫌がられますので、猫の好きなようにさせてあげてください。

触る時はタイミングを見計らうのが大事です。リラックスしている時や猫が触って欲しそうにしている時なら、受け入れられやすいでしょう。気持ちを推し量って、スキンシップするようにしてください。

4.匂いがちょっと…

鼻に手を充てる猫

猫の嫌いな匂いがプンプンしていると、即座に逃げてしまうでしょう。柑橘系や香水、タバコなどを苦手とします。これらの匂いを身にまとっていないか、チェックしてみてください。

逆に脇や足など、体臭が猫は大好きです。わざわざ匂わせる必要はないと思いますが、どうしても触りたい場合は有効活用する手段も。汗をかいた後や蒸れた靴を脱いだ後などに猫に近づいてみては。もしかしたら体臭に引き寄せられて、あちらの方から来てくれるかもしれません。

5.まだ心を開いてない

遠くから様子を見る猫

触ろうとすると逃げてしまう理由の一つとして、まだ猫が心を開いていない可能性があります。知り合ってまだ日が浅い場合は警戒しているので、触れない場合が多いでしょう。

無理に触れようとせず、まずは十分な信頼関係を構築しましょう。強引に触ろうとしても、怖がられてしまうだけです。猫のお世話を積極的にするなどして、絆を深めていってください。

心を開いてくれれば触れるようになるでしょう。その日まではしばし我慢して、接してみてください。

まとめ

どこかへ行く猫

猫が触ろうとすると逃げる理由には、様々なものがあります。猫自身の状況や触れる側の問題がありますので、どれが当てはまるのか考えてみましょう。

いずれにしても、無理に触ろうとするのが1番良くありません。逆に遠ざけてしまう原因になるので、注意してください。

スポンサーリンク