愛猫の危機一髪!「ドキッ」とした瞬間5つ

愛猫の危機一髪!「ドキッ」とした瞬間5つ

安全そうな室内。完全室内飼いだから、危険はないだろう…。と思うのは甘いです!意外と危険に満ち満ちている家の中。愛猫が危機一髪な目に合ってしまうことがあります。それはどんなシーンでしょうか?

387view

1. 高い場所から落下

高いところにいる子猫

高いところが好きな猫も、時に落下してしまうことがあります。比較的着地は得意なのですが、失敗する場合も。骨折などのケガに繋がることがありますので、気をつけてあげましょう。

特に老猫になると危険度が増します。最悪の場合打ち所が悪くて…なんて悲しい事故もありますので、ステップを置くなどして対策しましょう。

2. 首吊りの危機

首を持たれる猫

首輪やハンガー、カーテンレールなどで首吊りになってしまうことも。引っかかってしまって危険な目に遭うのです。

首輪は必ず、セーフティーバックルのものを。ハンガーも猫の手の届く場所には置いておかないようにしてください。カーテンレールに登るのが好きな猫は、もしかしたらフックに首輪がひっかるなどして首吊り状態になってしまうかもしれません。

猫が安全に過ごせるように、危険だと思われるものは撤去する、猫の手が届かないようにするなどして、対策していきましょう。

3. 挟んじゃった!

ドアに挟まる猫

ドアなどに猫を挟んでしまうことがあります。足音がしないので、飼い主さんが閉める時に気がつかない場合が。勢いによってはケガをしてしまうこともあるでしょう。注意してあげてください。

子猫は体が小さいので、自分からどこかへ挟まりにいってしまうことがあります。「こんな狭いところに?」と驚くような場所に潜る可能性がありますので、入り込みそうな場所はあらかじめ塞ぐなどしておきましょう。

4. 水で…

蛇口を覗き込む猫

水が原因で危機一髪になる事、多いです。お風呂場が特に危険です。お湯を張っている時は、絶対に猫が入れないようにしておきましょう。猫は基本的に水が嫌いですが、遊びたがる場合があります。

飼い主さんがいつも入っているお風呂に興味を持ち、こっそり遊ぼうと近づいて事故に遭うケースが後を絶ちません。水は本当に命取りになる場合がありますので、十分気をつけてあげてください。

5. 誤飲

おもちゃで遊ぶ猫

誤飲は危険な猫の事故の一つです。小さなおもちゃ、ヒモ状のもの、ビニール袋、ボタン電池など誤って飲んでしまうものがたくさんあります。十分に注意しましょう。

誤飲すると体内にとどまってしまうので、手術が必要となる場合も。猫にとって負担が大きいですし、飼い主さんも大変です。誤飲してしまいそうなものは必ず、手が届かない場所にしまっておきましょう。

まとめ

木から飛び降りる猫

家の中でも意外に、ドキッとする場面は多いもの。猫が安全に過ごせるよう配慮してあげてください。探すと危険な場所があるはずです。厳しめにチェックしていきましょう!

スポンサーリンク