飼い主の『上で』猫が寝る理由5つ

飼い主の『上で』猫が寝る理由5つ

飼い主さんが寝るとなぜか猫がのっそりと上に乗ってスヤスヤ…。気持ち良さそうな猫とは対照的に、乗られた方はずっしりと苦しい思いをしなければいけません。どうして彼らは無遠慮に、上で寝るのでしょうか?その謎、解いていきましょう。

2680view

1. 暖かいから

暖かさを満喫する猫

飼い主さんの上で寝るのは暖かいから、というのが彼らの言い分の一つ。特に寒い時は天然のカイロとなって、猫の体を温めてくれます。熱過ぎずぬる過ぎず適温なところも彼らのお気に入り。

乗られる方は重いし身動きは取れないしでたまったものではないのですが、猫の快適そうな顔を見ると何もいえなくなってしまいます。動けないまま数時間、じっと我慢している飼い主さんは少なくないのでは?

2. 甘えている

甘えすぎな猫

猫が上に乗って寝るのは、甘えている理由もあるようです。母猫代わりと思っている人と密着すれば安心。寝ている間は無防備になりますから、飼い主さんと一緒にいれば守って貰えると思っているのかもしれません。

上に乗って前足で、体をもみもみしてくる場合もあります。これは最上級に甘えている時で、もう心は子猫同様。「ママ…」頭の中では母猫と過ごした幸せな時代を思い出しているに違いありません。立派な成猫になってももみもみしますが、暖かい目で見守ってあげましょう。

3. 独り占め

飼い主を独り占めする猫

上に乗ることで「この人は自分の!」と主張している可能性があります。ナワバリ意識が強い猫は特に、その傾向があるでしょう。他の猫が近づこうものなら、飛びかかったり威嚇したりして追い出します。

個体差がありますが、オス猫の方がナワバリ意識と独占欲が強いようです。他の猫が飼い主さんと触れ合えなくてストレスを溜めないように、配慮してあげてください。

4. 信頼しているから

ぐっすり眠る猫

猫が飼い主さんの上で寝る理由…。それは信頼しているからに他ありません。無防備になってしまう睡眠時間、「この人は危険じゃにゃい」と思っていなければ、至近距離で寝ることなどあり得ないでしょう。

つまり猫が飼い主さんの上で寝てきたら、それは信頼を置いている証です。家に迎えたばかりの猫が乗ってきてくれたら、完全に心を許してくれたと思って間違いないでしょう。幸せな時間を、お過ごしください!

5. 調子が悪い

調子が悪いかもしれない猫

体の調子が悪い時に乗ってくることがあります。猫は不調を隠して行動する動物なので、よほど具合が悪い可能性が。様子がいつもと違うようなら早めに受診すると良いでしょう。早期発見が猫を救うことに繋がります。

寝る時以外にも常に様子を気にして、何だかおかしいと思うことがあれば注意しましょう。食欲や排泄も大事なバロメーターです。いつもチェックしてあげるようにしましょう。

まとめ

チョビ子

猫が飼い主さんの上に乗って寝る理由は、基本的に大好きだからのよう。ズシッとしようが動けなくなろうがそんな彼らの思い受け止めてあげてください。

乗せようと思ったって、そう簡単にいうことを聞いてくれる相手ではありませんから、自分から乗ってきてくれた時に満喫するのが、正解です!

スポンサーリンク