猫って本当にマイペース?意外と家族に合わせてくれてる行動5つ

猫って本当にマイペース?意外と家族に合わせてくれてる行動5つ

猫はマイペース、自分勝手などと好き勝手言われていますが、本当にそうなのでしょうか?飼われている彼らを見ていると、必ずしもそうではないことが、浮き彫りになってきます。意外と一緒に暮らす家族に合わせてくれている面が、あるのです。

634view

1. 生活リズム

寝る猫と飼い主

本来猫は薄明薄暮性といって、薄暗い時間に活発になります。ですが人と暮らしているうち、生活リズムが変わるのです。飼い主さんは夜に寝ることが多いでしょうから、自然と彼らもそのようになっていきます。

もちろん夜も寝て昼も寝ているのが、猫ですが。家に迎えてすぐの頃は、夜中や明け方にガサゴソと動き出すことが多いかもしれませんが、しばらくするとなくなってきます。これは猫が人の生活リズムに合わせてくれている、と思っても間違いではないでしょう。

2. イチャイチャしたい時

ちょっと迷惑そうな猫

猫がイチャイチャしたいと思っている時があれば、飼い主さんがそう思っていることもあります。大抵の場合、その気がなければ素っ気なくあしらわれてしまうのですが、意外と合わせてくれていることも。

本当はリラックスタイムを過ごしたいのに、ちょっと迷惑そうな顔をしながらも、飼い主さんを受け入れてくれる猫…。結構優しいのです。とはいえ本気で嫌な場合はサインを出してくれるでしょうから、あまり甘え過ぎないように気をつけましょう。

3. ご飯の時間

ご飯を食べる猫

自然界での猫は、ちょこちょこ食べが普通です。獲物が捕れたら食べ、またしばらくして捕獲したら食べ…といったペースです。いつ狩りが成功するか分からないので、それが当たり前といえば当たり前なのですが。

このご飯を食べる時間も、人に合わせてくれています。飼い主さんが1日2回、もしくは3回と決めれば、その時間に食べるようになります。中にはちょこちょこ食べが抜けない猫もいますが、大抵は決まった時になると催促してくるようになるでしょう。意外とフレキシブルなのが、猫なのですね。

4. 鳴き声でコミュニケーション

鳴く子猫

外にいる猫は敵に居場所を知らせることになるので、滅多なことでは鳴き声をあげません。発情期や喧嘩の時くらいでしょうか。

ですが子猫は母猫に居場所を知らせる為、何かを催促する為などに鳴きます。人に飼われている猫が人に向かって鳴くのは、それと同じだと考えられています。

つまり、飼い主さんのことを母猫だと思っている、ということです。母とのコミュニケーションは鳴き声で、と寄せてきているのでしょう。子供である猫のお世話、しっかりとしなくてはいけませんね。

5. 視線を合わせる

鼻を近づける猫と飼い主

猫界では、視線を合わせるのは「やるのか?」と喧嘩を売っていることになってしまいます。ですから、初対面の猫とは目を合わせてはいけないのです。

ただ、信頼関係の出来上がっている関係では、少し違います。あまりにじ〜っと見つめるのは良くないでしょうが、多少視線を合わせても平気になるのです。逆にコミュニケーションになるでしょう。

猫が見つめてきたら愛を込めて見つめ返すと共に、ゆっくりと瞬きすると尚良しです。それだけで愛情を伝えられるので、ぜひトライしてみてください。

まとめ

くうちゃん

初めは生活リズムから違かった猫と家族…過ごす時間が長くなればなるほど、お互いの暮らしにフィットしてきます。その心地良さは、正に幸せそのものです。飼い主さんだけの努力ではなく、猫も合わせようとしてくれているからこその、快適さなのですね。

スポンサーリンク