猫に「お手」をしてもらいたい!教える方法やコツ

猫に「お手」をしてもらいたい!教える方法やコツ

猫は飼い主の言う事を聞いてくれるのでしょうか?基本的には猫の自由さを愛しているのが猫と暮らす飼い主さんでしょう。しかし犬のように「お手」をしてくれたら嬉しいと感じる瞬間もありますよね?それではご紹介します。

610view

トレーニングに効果あり?!

立ち上がって飼い主の手にタッチする猫

猫は気まぐれという印象がありますが、猫も犬と違わず大変に賢い動物ですので、トレーニング効果を期待できます。猫には聴覚を利用したトレーニング方法を試すとよいでしょう。「クリッカー」という音の出る専用の器具を使用して「お手」トレーニングを始めましょう。犬のしつけでも使われますが、猫にも問題なく使うことができます。

トレーニング方法

クリッカーとおやつ

クリッカーを鳴らしておやつを与えます。猫に「クリッカー=おやつ」として意識して覚えてもらいます。第二段階は長い棒状の物を用意します。棒を猫の目の前に差し出し、猫が鼻を近づけたらすぐにクリッカーを鳴らします。その後におやつをあげてください。

前述の基本動作終了後、棒に鼻ではなく前足を触れたら、クリッカーを鳴らしおやつを与えます。次に棒越しに手の平に猫の前足が触れるようにしていきます。手のひらが慣れてきたら、徐々に棒を隠すようにしてください。

最終段階は、棒がなくても手のひらに前足を乗せられるようになったら「お手」という音を加えます。ここまでは「お手」という言葉を使用してはいけません。

クリッカートレーニングのコツ

飼い主の手からおやつをもらう猫

音が出れば何でもいいでしょと思いがちですが、ペットは程よい大きさの音でないと恐怖を感じてしまいます。500円前後で購入のできる専用の「クリッカー」を用意してくださいね。

ご褒美にあげるおやつは愛猫の大好物を用意して、猫の気持ちをそらさないようにしてくださいね。そして間違えてクリッカーを鳴らした場合でも、必ずおやつはあげてください。飼い主が一本筋の通った行動をする必要があります。

猫と飼い主との距離もより近く!

男性の顔を舐める猫

「お手」を覚えると、キャットタワーに手で誘導するなど猫との遊びにバリエーションができ、コミュニケーションを密に行うことができます。そしてお手をすることによって「おやつ」を狩りに近い気持ちで要求できますので、猫も好奇心を満たすことができた上に、楽しめるでしょう。

まとめ

デカポン

猫に「お手」をしてもらいたい!教える方法やコツについてお伝えいたしました。しかし、少しでも愛猫との距離感が縮まれば嬉しい、と思っているのが飼い主さんですよね。気まぐれな愛猫の様子と新たに違う一面を見つけて、ますますメロメロになってしまいそうですね。

スポンサーリンク