拗ねた猫にするべき5つの対応

拗ねた猫にするべき5つの対応

いつものように接しようと思ったら、なんだか猫がよそよそしい…近づくとすぐに遠くへ行ってしまう…こんな時はもしかすると、拗ねているのかもしれません。特に長時間留守番させたり他の猫を可愛がりすぎたりした時は、要注意です。ご機嫌ナナメになってしまった猫には、どう対処していけば良いのでしょうか?

684view

1. 機嫌が戻るまで待つ

拗ねる猫

猫は気分屋な生き物です。たとえ拗ねてしまったとしても、しばらくすれば忘れて元に戻っていることが多いでしょう。それまでは下手に構わず、ご機嫌が直るのを待つのが得策です。

猫が拗ねている時にアプローチしても、素っ気なくかわされるか威嚇されるなどして、飼い主さんが傷つくことが多いです。可愛いアイツに拒否された時のショックたるや…。

精神衛生上にもそっとしておくのが一番でしょう。そのうちご機嫌が良くなれば、また猫の方から近づいてきてくれるでしょう!

2. おやつを与える

おやつを食べる猫

そんな気長に待てない!今すぐ触りたい!という場合は、「おやつ」がオススメ。猫好みのものを取り揃え、これみよがしに見せつけてみましょう。

きっと、拗ねていたことなどどこ吹く風。目の色を変えて迫ってくるに決まってます。「にゃにゃ〜ん」なんて甘えた声を出し、挙句の果てにはスリスリ攻撃です。

おやつを出せば全て解決する、といっても過言ではないでしょう。ですがおやつは肥満になりやすいので、与える量には十分注意してあげましょう。

また、いつもいつも与えているといざという時に効果を発揮してくれなくなりますので、ここぞという時だけ出すようにするのが理想的かもしれません。

3. おもちゃで気を引く

おもちゃで遊ぶ猫

おやつよりも健康的にご機嫌を良くできるのが、「おもちゃ」です。大抵の猫は遊び好きなので、目の前でチラチラさせれば飛びついてきてくれるでしょう。しばらく遊べば、もう拗ねていたことなどすっかり忘れてしまうはずです。

そこまで夢中にさせるくらい、思いっきりおもちゃを動かしてあげてください。猫にとって良い運動になりますし、気分転換にもなります。満足してくれるまで遊び尽くすと良いでしょう。

4. 謝罪

猫に謝る人

もし飼い主さんに非があるのなら、素直に謝ってしまうのも一つの手です。「猫に言葉、通じるの?」と思うかもしれませんが、それが意外と分かっているようです。

側に行ってごめんねを伝えてみてください。心を込めてです。猫は相手の気持ちを敏感に察するので、きっと分かってくれます。撫でられるなら、言葉をかけながら優しく触るのも良いですね。飼い主さんの気持ちが分かった猫はきっと、許してくれることでしょう。

5. 甘える

飼い主と猫

猫に甘えるのも良いですね。もし寂しい思いをさせた為に拗ねているのだとしたら、飼い主さんも同じだということを、伝えるのです。きっと、「仕方なかったんだにゃん」と思ってくれるでしょう。

会えなくて寂しかったのは自分だけじゃない、と分かればご機嫌を直して優しくしてくれるのではないでしょうか?時には猫に甘えてみるのも効果的です。

まとめ

悲しそうな猫

こじらせると厄介なイメージがある猫ですが、自分の気持ちにはとても正直です。まずおやつを拒否することはありませんので、うまく使ってご機嫌を直して貰いましょう。

そんなやり取りも、楽しい暮らしの一部です。猫とのコミュニケーションを思う存分、エンジョイして行きましょう!

スポンサーリンク