猫が寝ている飼い主の顔近くでゴロゴロいう理由3つ

猫が寝ている飼い主の顔近くでゴロゴロいう理由3つ

猫ちゃんが自ら顔近くに来てくれて、ゴロゴロ鳴らしてくれると飼い主さんとしては嬉しく感じるかと思います。しかしこのとき猫ちゃんはどのようなことを考えているんでしょうか。

5184view

ゴロゴロはどんな気分?

ソファでくつろぐ猫

猫ちゃんが顔の近くにきてくれて、ゴロゴロ鳴らしてくれることはありますか。筆者の猫ちゃんはよく寝るときなどにそっと顔の近くに来て、ゴロゴロ音を鳴らしながらお尻を向けて丸くなる態勢がルーティン化しています。

満足そうにゴロゴロ鳴っているので飼い主としては嬉しい限りなのですが、具体的に猫ちゃんはどのような気持ちでこのような仕草をとるのでしょうか。可能性として考えられる限りのことをまとめてみましたので、もし飼い主さんがこのような場面に遭遇したときはぜひ参考にして下さい。

1. 子猫気分

顎を撫でられる子猫

顔の近くにやってくるということは、子猫の気分が抜けていない可能性があります。猫ちゃんという生き物は元々単独で生活していく生き物ですので、独自のパーソナルスペースをもっています。

このパーソナルスペースを誰かに侵されてしまうと、猫ちゃんは不快な気分になってしまいます。しかし子猫は、このパーソナルスペースを共有しようとする傾向があります。

そのため、顔の近くまでやってきてゴロゴロと満足そうにしてくれます。飼い猫の場合、成猫といえども子猫の気分を残していることが多いので、ずっと子猫気分の子もいます。

2. 甘えん坊

人に甘える猫

顔の近くでゴロゴロ音を鳴らしてくれるという事は、甘えん坊の性格である可能性があります。単純に飼い主さんに構ってほしい気持ちが強くて、顔近くにやってきているのです。

飼い主さんの近くでいることが安心感につながり、愛猫の満足感を満たしているのです。猫ちゃんの性格によっては十分にあり得ることですので、飼い主さんから見てこの傾向があるようでしたら、甘えさせてあげましょう。

3. 信頼しているから

鼻チューする猫

猫ちゃんは基本的に警戒心の強い生き物です。優秀な聴覚と嗅覚を駆使しながら、常に周りにアンテナをはり、普段と異なる発見をしたものなら、距離をとってじっと観察することから始めます。

そんな猫ちゃんにもかかわらず、顔の近くにやってくる仕草をみせることは、信頼しているからにほかなりません。この飼い主さんの近くなら、安心で襲われる心配もないという絶大な信頼があるがゆえに、ゴロゴロ音まで鳴らすことができるのです。

飼い主さんとしては嬉しいことですので、ぜひコミュニケーションをこれからも築いてあげましょう。

まとめ

メル

猫ちゃんが飼い主さんの顔の近くまでやってくることはとても珍しいことで、嬉しいことでもあるということが分かりました。

猫ちゃんの気持ちとしては、嬉しい方向のものばかりなので、日々のコミュニケーションのたまもののように思えます。

1日やそこらではここまでの信頼関係を築くことは難しいので、じっくりと時間をかけて愛猫の信頼を得ましょう。

スポンサーリンク