猫が実は作っている「自分ルール」4つ

猫が実は作っている「自分ルール」4つ

猫を見ていると、「いつもここでこうしている」「決まった時間にこれをする」など、行動に規則性があることに気がつきませんか?「自分ルール」なるものが存在している可能性があります。面白いですね。猫の独自な決まりにはどんなことがあるのか、一緒に探って行きましょう!!

1021view

1. 飼い主と同時にご飯を食べる

食事をする猫

なぜか、飼い主さんと同時にご飯を食べ始める猫がいます。人が食事しているのを目にすると、お腹が空いてしまうようです。

確かに、側で美味しそうなものを口にされたら猫だって食欲を感じます。もしかしたら、飼い主さんと同じ行動をしたい!という気持ちもあるのかもしれません。

中には、いつも一緒に食事をしているというご家庭もあるようです。仲良しなんですね。飼い主さんが忙しくて食べられないと猫が心配して「ご飯食べないの?」とでも言うように、後を付いてくるそうです。彼らのご飯は用意してあるのに、口を一切つけずにですよ。

マイペースだと思われている生き物なのに本当は、そんなに他を気遣うなんて、泣かせるじゃないですか。猫って実は優しいのですね。

2. 他の猫の前ではデレない

たくさんの猫

プライドか威厳を保つ為か、他の猫がいる前ではデレデレしないという猫も。飼い主さんが触ろうとしても、フイっと素っ気なくどこかへ行ってしまいます。ところがしばらくしたら側にやってきて、突然ゴロンとお腹を見せて甘えだして…。

先ほどデレられなかった分を取り返そうというのでしょう。飼い主さんと2人っきりなら、他の猫の目を気にする必要はありません。思う存分デレデレして、甘えることができます。

本当はすごく甘えん坊でいたいのに、遠慮していることも考えられますので、我慢の限界を超えないように気をつけてあげてください。ストレスが溜まってしまうと、猫にとって良くありません。適度に欲求を満たしてあげられるようにしてあげましょう。

3. 甘える時間

時計と猫

猫は規則正しい生活を送る生き物です。どうも飼い主さんに甘える時間も、毎日のスケジュールに組み込んでいるよう。それが朝なのか夜なのかは、その猫次第ですが…。

決まった時間になると側に行き、甘えスイッチを入れてイチャイチャ開始です。可愛い顔でおねだりされたら飼い主さんも断れませんね。

猫が構って欲しい時に触れるのは、ベストなタイミングです。気持ちが盛り上がった時にイチャイチャすると、喜んでくれるでしょう。気乗りしない時ではいくら飼い主さんが触りたくても、嫌がられるかもしれません。

猫が甘えたくなる時間帯が分かったら、それに合わせて準備をしておくとベストタイミングを逃さずに済みますね!

4. 食べる場所

食べる猫

ご飯を食べる場所が決まっている猫も多いです。静かで落ち着けるところを好む傾向があります。野生では食事中に襲われる危険性がありますので、無理もありません。飼い主さんが見ていないと食べない、という場合もあります。トイレから近い場所も避けるようです。

猫の食事場所を飼い主さんの都合で変えたら、戸惑ってしまったという話もあります。ずっと同じところで食べている場合は、少しずつ移動するようにしてあげましょう。急に変更してしまうとビックリして、食事しなくなってしまうかもしれません。とはいえそのうち慣れてくれるでしょうから、そこまで心配しなくても大丈夫でしょう。

まとめ

ぴろ

猫には猫なりの、様々なルールがあるようです。行動を良く観察すると、見つけられるかもしれません。いつも同じ行動をしているなという時はきっと、自分ルールを作っているのでしょう。邪魔しないように気をつけたいですね。

スポンサーリンク