【生活の参考に】猫が好きな色、苦手な色

【生活の参考に】猫が好きな色、苦手な色

一般的に猫は人間ほど色を認識することができないと言われていますが、少ない色のみ識別できる猫にもどうやらこの色は好き、苦手というものが傾向としてあるようです。今回はそんな猫の色の好き嫌いについて調べてみました。

1185view

猫に分かる色はどのぐらい?

猫と色彩

猫は人間よりも分かる色が少ないと言われており、その理由は錐状体(すいじょうたい)という目の色彩を判別する器官が人間より発達していないからだとされています。

一般的に猫の目は赤系の色などが判別しづらいとされ、青色も判別はできるものの見えにくく、はっきりと見えるのは黄色と緑であるとされます。また、白や黒なども認識しやすい色のようです。さらに猫は人間に比べて目があまりよくなく、視力は人間に置き換えるとだいたい0、3ぐらいしかないそうで同時に極度の近視でもあります。

このようなことから猫に見えている世界は、モノクロか見えていたとしてもそこまで色鮮やかな世界ではなく、生き物や物体の輪郭もぼんやりとしているような、人間の考えているのとはだいぶ違ったものであると言えるでしょう。

猫の好きな色、黄色、緑

緑と黄色のたんぽぽと猫

先ほども書きましたが、猫は黄色や緑といった色彩を他の色より判断しやすい傾向があるようです。そのためおもちゃなどを複数与えた時も、緑や黄色のおもちゃにより飛びつくという傾向も見られるようです。

これは色彩自体を好んでいると言えるのかは不明ですが、おもちゃを獲物に飛びつくのと同じような感覚と捉えているとしたなら、緑や黄色の方がよりはっきりと見え、本能的に刺激されるので猫は好んでじゃれつくのかもしれません。

赤系は見えにくいはずなのに好き?

赤が好きな猫イメージ

赤系の色(ピンクなども含む)は一般的に猫に見えづらい色であるとされています。しかしながらはっきりとした理由は不明ですが、赤系の色に興味を示す猫というのは割と多いとされています。

猫に赤系の色がどこまで認識されているのかはまだ謎に包まれていますからはっきりとは言えませんが、個人的な意見としては赤やピンクは獲物の肉を連想させますから、そのあたりを多少なりとも猫が色として判断することが可能ならば、この色を好むこともあるのかなと思えます。

猫は黒色や光沢のある素材が苦手?

猫の苦手な素材、色のダウンコート

猫の嫌いな色として割と多く聞くのは、黒色を好まないというものです。これはいろいろな理由が考えられますが、まず一つめは黒が猫の天敵であるカラスを連想させるというものです。このような理由からなのか、猫は黒いソファなどの家具やお客さんなどでも洋服が全体的に黒っぽい人にはあまり近づきたがらない、という場合もあるようです。

また、これは色ではなく質感なのですが、中には光沢のあるテカテカとした素材の物があまり好きではないという猫もいるようです。テカテカした素材の服の代表例としてはダウンコートなどがあります。

これについてもなぜなのかははっきりとはしませんが、例えば自然界ではカラスの他に蛇なども猫の天敵になる生き物でしょう。爬虫類というのはうろこがあり、どこか光沢のある皮膚感をしていますから、これも個人的な推測に過ぎませんが、そういう理由で苦手という可能性もゼロではないのかなと思われます。

まとめ

こてつ

いかがでしたか?まだ猫の色彩感覚には謎が多いものの、傾向として好きな色、苦手な色、というものは個体差もありますが存在するようです。

特に黒については天敵を連想させているとしたら、猫に好かれにくくなってしまう可能性もあるので、これについてはあくまで推測の域を出ないものの、猫に好かれたい時は黒の配色の多い服はあえて着ないほうが無難とも言えるでしょう。

おもちゃも緑や黄色の見えやすい色の物をチョイスしてあげると、もしかすると反応が良くなるかもしれませんね。

スポンサーリンク