猫のために良くない『甘やかし方』3つ

猫のために良くない『甘やかし方』3つ

猫は甘やかすための動物だと考える飼い主さんは多いでしょう。しかしほどほどを過ぎると猫との生活でも良く無い事があるかもしれません。それでは甘やかし過ぎないで猫と暮らす為に客観的に考えてみましょう。

1071view

1.おやつの与え過ぎ

おやつを食べる猫

猫の甘えてくる声は「猫なで声」と例えて言われるくらいに可愛いものですよね。この声に負けて、おやつなど食べ物を毎回あげてしまうのはよくありません。特におやつはあくまでも副食で、猫に必要な栄養素は満たされておらず栄養が偏りがちです。

総合栄養食である猫のご飯の妨げになっては、健康を害してしまいます。猫のためにも必要以上におやつを与えすぎる事はやめましょう。勿論、総合栄養食だからと言って一日の摂取カロリー以上の量のご飯を与え過ぎてもいけません。

口に入る物は健康に直結しますので、冷静に猫の摂取量を見極めて与えてくださいね。

2.猫グッズの人間生活への浸食

猫のおもちゃ

可愛いと思うと、猫のための様々なグッズを買ってきてしまいませんか?

愛猫が可愛いからと猫のおもちゃやタワーをあれやこれやと購入し、人間の生活が脅かされるほど用意しては、お互いのために良く無いかもしれません。猫のために必要なものを必要に応じて準備し、おもちゃも使わないときは片付けておく方が、猫のためにメリハリがつくようです。

3.抱っこ好き

人間に抱かれる猫

抱っこの好きな猫と、絶対抱っこはさせてくれない猫に分かれますよね?

ほどほどに抱っこ好きなら良いのですが、飼い主の日常生活がままならなくなるような抱っこ好きは、甘やかし過ぎかもしれません。猫をスリングに入れて抱っこをしながらでなければ料理も出来ない、おんぶ紐で猫を背中にくくって、ようやくトイレに行けたなどたまに聞く事があります。

猫が飼い主との分離不安にもなりかねないので、ほどほどに距離感を保てるようにしておかなければなりません。

まとめ

猫にキスする女性

猫のために良くない「甘やかし方」3つについてお伝え致しました。

猫は飼い主の様子を見ながら、気持ちの隙間に優しく入ってきてくれますよね。計算しているのではなく本能でバランスをとるので、嫌みにも感じないのでしょう。

そのような猫の様子に良いも悪いも無いとは思ってしまうのですが。人間関係では相手は自分の鏡と言いますよね。家族である猫の様子も自分の鏡なのでしょうか???愛猫に聞いてみないと何とも答えがみつからないかもしれませんね。

スポンサーリンク