猫がベッドを使ってくれない理由4つ

猫がベッドを使ってくれない理由4つ

せっかく猫のベッドを準備したのに寝てくれない!といったことありますよね・・・。なぜ彼らはそのベッドを使ってくれないのか?それにはいくつかの理由があるようです。その理由と対策法を知り、猫にとって心地よいベッドをつくってあげましょう。

1005view

1. ベッドの形状が合わない

ベッドの中にいる猫

ベッドの形にもいろいろありますよね。ドーム型で屋根があるものや、四角や丸の形をしたもの、底が深いものや浅いものなど。

猫にはそれぞれ好みの形があり、屋根があるものが好きであったり、丸くなって寝たときに体のラインがフィットするような形状を好んだりもします。

もし猫がベッドを気に入らないのであれば、もしかするとベッドの形状が合わないのかもしれません。
この場合、猫が安心して眠れる形状を探る必要がありそうですね。

対策法

基本的に猫は狭い場所を好むので、大きいベッドよりも少し小さいかな?といったくらいのベッドのほうが良いと言われています。

深いほうがいいのか、浅いほうがいいのか、それとも屋根付きがいいのかは、ベッドを買う前にダンボールなどを使って試すといいでしょう。

どの形状を好むのかをまずは知り、それに似た形のベッドを購入すると失敗が少ないかもしれません。

2. 敷いている素材が気に入らない

寝ている猫

猫が寝やすいようにと敷いてあげる素材ですが、これもベッドの形状と同じように猫によって好みがあります。フリースのようなモフモフの素材を好みそうですが、実はそのような素材が苦手な猫もいます。

対策法

普段からどのような素材を好むのかをみてみましょう。いろんな素材を試してみると、猫にとってお気に入りの素材が見つかるかもしれません。我が家の猫は、素材を変えると寝るといったような子もいました。

3. 匂いを警戒している

匂いを嗅ぐ猫

ベッドを購入してすぐは新品独特の匂いがありますよね。そのような新しいものの匂いや、猫にとって不快な匂いがある場合は使うのを躊躇することがあります。

対策法

不快な匂いがする場合はしばらく放置しておくか、普段使い慣れた敷き物を使用してみましょう。猫の警戒心を解き、安心して使える寝床にすることが大切です。

4. ベッドの場所が悪い

ハウスに寝る猫

猫は気分によって寝る場所を変えたりしますよね。静かな暗い場所であったり、日の当たるところや、風通りの良い場所など。

ベッドの場所が気に入らなければ使わないこともあるかもしれません。例えば、テレビやドアの横などは音がうるさいので猫もゆっくりと休まることができないでしょう。

対策法

まずは猫がよく寝ている場所に設置してみましょう。
そこに寝ないのならば、猫が好む場所を選び設置してみてください。
猫が好む環境は

  • 暖かい場所
  • 静かな場所
  • 眩しすぎない場所
  • 風通りが良い場所

などです。
気分によって変わることもあるので、その時々で変えてあげるのもいいかもしれませんね。

まとめ

エンジ

猫はすこし“こだわり”が強いと感じるかもしれません。しかし猫にとってお気に入りのベッドを作ってあげることはとても大切です。どうしてだろう?と諦めず、試行錯誤しながらベッドをつくってあげましょう!

スポンサーリンク