飼い主が寝ている時に猫がしている4つの意外な事

飼い主が寝ている時に猫がしている4つの意外な事

“猫は夜になると活発になる”と言われていますよね。飼い主が寝ている間、どんなことをしているのか気になるところです。この記事では、夜な夜な繰り広げられる猫ワールドをご紹介します!

2089view

1. 運動会?家のなかを走り回る

陰からこちらを見る猫

言わずも知れた“夜の大運動会”。猫はもともと夜行性であったことから、夜暗くなると活発になります。特に朝方は小動物が活動を始めることから、狩りをする猫も合わせて動き出すことが多いです。

多頭飼いの場合は、1匹が走り始めると他の猫も興奮して走り始めます。まさに大運動会状態です・・・。ゆっくり寝ている飼い主の上を踏みつけ走り去っていくこともしばしば。何事!!と飛び起きてしまいますよね。

2. 運動会の競技?おもちゃで遊ぶ

お腹を向けてこちらを見る猫

大運動会の延長で、転がっているおもちゃなどで遊び始めることがあります。起きている昼間はあまり遊んでないようにみえても、実は夜にすこ~しだけ遊んでいたりするのです。それはまるでなにかの競技のよう!

ちょいちょいと遊んだかと思ったらダッシュで隠れたりしています。嬉しいような、すこし切ないような・・・。どうせなら明るい昼間に遊んでいるところを見せてほしいものです。

3. 猫同士の集会

野良猫の集会

野良猫であればよく聞く“夜の集会”。春や秋の気候の良い時期に開かれることが多く、なにをしているんだろうと気になったことがある人も多いと思います。

実はあれ、なにもしていないんです(笑)そして飼い猫も同じく、床に香箱をつくって集会をしているときがあります。夜中にトイレに起きると、寝もせずに集会をしている姿を時々見かけるときがあります。

もしかすると、夜な夜な日頃の不満を愚痴っているのかもしれません・・・。猫の不思議な習慣は、謎が多いですね。

4. 一緒にお布団で寝る

布団で寝る猫

いくら夜行性と言われていても、やっぱり夜は寝ている猫が多いです。飼い猫であれば、1日のルーティンができているからです。といっても、半日以上は寝ていますが・・・。

どこに寝ているかはお気に入りの場所があると思いますが、実は飼い主と一緒のお布団に寝ていることもあります。

飼い主が寝付いたあとにやってきて、日が昇る前に起床しているため気づかないことも多々あります。
始めから一緒に寝ていたいものですが、猫は電気を消してすぐと朝方は忙しいみたいですね(笑)

まとめ

ラブ

猫は飼い主が寝静まった夜中、運動会をしたり集会をしたりして過ごしています。野生でなくなっても夜行性という習性は消えないみたいですね。しかし、狩りをすることがない飼い猫は夜中にずっと起きている必要はありません。

運動会や集会が終わると、各々好きなところで床につきます。そして飼い主と一緒のお布団で寝ていることも多くあります。

猫の不思議な習性ですが、夜は昼と違った一面をみることができるかもしれまんね。

スポンサーリンク