猫の飼い主さんが掃除し忘れがちな場所3つ

猫の飼い主さんが掃除し忘れがちな場所3つ

猫ちゃんといると掃除量が増えますが、うっかりすると掃除を忘れてしまう場所があります。この部分せ網羅して掃除すれば年末もすっきり迎えられるかと思います。

666view

掃除を忘れがちな場所

ロボット掃除機と猫

猫ちゃんと一緒に暮らしていると、当然毛がぬけますので掃除の頻度が上がります。しかし飼い主さんとしては毎回同じ掃除をしていると、うっかりずっと掃除をし忘れてしまう場所が出てきます。

年末の大掃除をされる家庭が多い中、見過ごすことはできないと思いますのでぜひ掃除の漏れがないかチェックしてみて下さい。

1. 壁や天井についた抜け毛

天井に頭がつきそうな猫

壁や天井なのに、どうして毛がついてしまうのかと、不思議に見えている方も多いかもしれません。しかし猫ちゃんの毛はとても軽いので、飼い主さんを含めた人間が家の中を歩くことで毛が舞い上がり、天井や壁などに付着するのです。

普段なかなか掃除がしにくい場所なので、見落としがちなポイントです。クイックルワイパーなどで取り除くのがいいでしょう。

また予防策としては加湿器で湿度あげたり、水の霧吹きなどで軽く水をかけておくと毛が舞い上がらないようになります。掃除がしにくい場所であるだけに、予防も大切かもしれません。

2. エアコンのフィルター

エアコンのそばにいる猫

上記を同じ原理で、高い場所にあるエアコンのフィルターにも毛はついてしまいます。そのため一般的な家庭よりも猫ちゃんが一緒に暮らしている家庭では、少し早いペースでフィルターの掃除をする必要があります。

たいていのフィルターは取り外しができますので、そのまま外したものを掃除機で吸い取ってあげるといいでしょう。

また100均でペンキ用の刷毛を用意し、掃除機の吸入口をフィルターにあてながら刷毛で汚れも一緒に書き出してあげるとより綺麗な仕上がりとなります。やってみると意外に短時間で終わりますので、勢いづけてやってしまいましょう。

3. キャットタワーのハンモック

キャットタワーにいる猫

普段は猫ちゃんが満足げに使うキャットタワーのハンモックにも、抜け毛は多くあります。掃除機のかけにくい場所ですが、ゴム張り軍手をはめてなでるようにして、繊維にからまってしまった毛をすくいとってあげると綺麗になります。

キャットタワーの棚板などにも意外に多く毛がついていますので漏れがないようにすくいとってあげましょう。

まとめ

ななちゃん

猫ちゃんの毛が多くの場所に影響を及ぼしますので、飼い主さんはしっかりと掃除をしていかなければなりません。

道具さえそろえば、あとは慣れで短時間で済ませることができますので、計画をたててやっていきましょう。掃除をし終えると綺麗好きな猫ちゃんはとても快適そうに過ごしてくれますよ。

また毛を放置してしまうと、誤って猫ちゃんが毛を飲み込んでしまう危険性があります。体の中に毛がたまり吐き出せなくなることもありますので、なるべく綺麗にしてあげましょう。

スポンサーリンク