猫の性格別!一緒に楽しく遊ぶためのコツ3つ

猫の性格別!一緒に楽しく遊ぶためのコツ3つ

おもちゃを準備したけれどなかなか遊んでくれない・・・。そんなときに考えたいのがおもちゃや遊び方がその猫に合っているか、ということです。猫の性格にあったおもちゃや遊び方を見直して、猫との時間を楽しく充実させましょう!

454view

1. 遊ぶの大好き!運動神経がよく活発なタイプ

猫じゃらしで遊ぶ猫

子猫や動きが身軽な猫はこのタイプにあてはまります。俊敏な動きが可能で、行動範囲も広くなることが考えられます。そのため、勢いよく跳んで怪我などをしないように、障害物となるものが少ない広い場所で遊んであげましょう。

おすすめのおもちゃ

  • 空中をひらひらとさせるタイプのおもちゃ
  • レーザーポインター

遊ぶときの力が強いため、壊れない強度のおもちゃを選びましょう

遊び方のコツ

おもちゃで遊ぶ猫

広い空間を利用して、猫がたくさん動けるように遊んであげましょう。猫が狩りを行うときのように、静止させたり空中で舞わせたりと、おもちゃの動きを意識するとよいです。また、おもちゃを隠して音だけを鳴らせたりするのも猫が好きな遊び方です。

活発な猫と遊ぶのはこちらもかなりのエネルギーを消費します。レーザーポインターであればあまり動かずに、猫と遊ぶことも可能です。活発な猫は、早い動きにもついていくことができるのでおすすめです。

遊ぶのをやめるタイミングは、猫がおもちゃを追わなくなったときや、ハァハァと息切れをしてきたときです。適度な運動でストレスの発散にも繋げましょう!

2. おっとりマイペースなタイプ

ボールで遊ぶ猫

おもちゃで遊んだりするけれど、あまり運動神経はよくないといったタイプです。また多頭飼いの場合で、遊んでいる途中で活発な猫に横取りされてしまう猫もこれにあてはまります。

激しい動きにはついていけないこともあり、ゆっくり自分のペースで遊べるおもちゃを選んであげましょう。また多頭飼いの場合は、個室などを利用して他の猫に邪魔をされない環境で遊んであげましょう。

おすすめのおもちゃ

  • 音が鳴るボールなど
  • 猫じゃらしなど這わせるタイプ
  • キャットトンネル

遊び方のコツ

キャットトンネルで遊ぶ猫

ボールなどひとりでに動くタイプのおもちゃであれば、自分が遊びたいときにゆっくりと遊ぶことができます。これにキャットトンネルやダンボール箱などを準備してあげると、身を隠しながらボールを狙ったり、多彩な遊び方が可能になります。

マイペースなため、おもちゃを使って遊ぶ際には俊敏な動きはあまり意識せずに、猫が動きについてこられるスピードで遊んであげましょう。

3. 運動は苦手!すこし慎重なタイプ

猫と毛糸

あまり運動を得意とせず、尚且つおもちゃに反応しないタイプです。大人びている猫やすこし臆病な猫に多いと思われます。

新しいものには慎重になってしまうケースがあるので、日常生活で使うものを代用して遊ぶと反応がよかったりします。

おすすめのおもちゃ

  • 手作りのおもちゃ
  • 新聞紙やペットボトルの蓋など
  • ダンボールの素材でできた置き型タイプのおもちゃ

遊び方のコツ

新聞紙で遊ぶ猫

手作りのおもちゃや日常で使用するものであれば、店舗で購入したときのような独特なにおいがしないため警戒心が薄れます。

またこのタイプでは意外なものに反応する猫も多いので、いろいろと試してみるとよいでしょう。このとき、猫が誤って飲み込まないものを選びましょう!

ダンボールの素材は基本的に猫が好むものであり、もし遊ばなくても爪とぎとして活用することができます。遊ぶかわからないけれど・・・といった場合には、ダンボール素材で置き型タイプものをまずは購入してみましょう。

まとめ

くうちゃん

遊ぶことは猫とのコミュニケーションのひとつであり、猫にとっては運動・ストレス発散など重要な意味を持ちます。

しかしその遊び方は多様で、猫の性格によって好きなおもちゃや遊び方は異なりますね。まずは愛猫がどのタイプかを知り、それに合ったおもちゃ選びや遊び方を実践しましょう!

スポンサーリンク