自分勝手な猫の飼い主がしているNG行為5つ

自分勝手な猫の飼い主がしているNG行為5つ

猫の為とは言いつつも、実は飼い主さんの為にやっている事が、あるかもしれません。良かれと思っていても、本当は猫には良くない事も、あるのです。そんな飼い主さんの間違えがちなNG行為5つ、挙げてみました。

1616view

1. おやつ与えすぎ

おやつを見る猫

猫がおやつを欲しがる、猫がおやつを食べている姿が可愛すぎる、こんな理由で猫にたくさんのおやつを与えていませんか?

「そんな事言ったって、可愛い顔でおねだりされるとつい…」という言い訳は通じません!!

おやつを与えると猫は喜んで食べますし、おやつ欲しさに飼い主さんに可愛くスリスリしておねだりするでしょう。

でも、おやつは適量を超えて与えては、いけないのです。なぜなら、おやつの与えすぎにより猫が太ってしまうから。肥満が万病の元なのは人も猫も同じです。ついつい猫が喜ぶからと、たくさん与えたくなってしまいますが十分に注意した方が良い点です。

2. 構いすぎ

猫を構う人

猫が可愛くて、ついつい四六時中構っていませんか?猫が構って欲しい時ならば、問題はないのです。問題になるのは、猫にその気がないのに無理矢理構う場合や、寝ているところを起こしてまで構う場合です。

猫は飼い主さんとの適度な触れ合いは必要としていますが、過剰になるとストレスを感じてしまいます。猫が嫌がっているのに構うのは、完全なる飼い主さんの自己満足です。猫は基本素っ気ない生き物ですので、その事を理解した上で飼うようにしましょう。

3. 必要もないのに服を着せる

服を着た猫

猫に可愛い飾りの付いた服や被り物を被せる…。あまり良いとは言えません。もちろん、術後服など必要のある場合は除きます。

必要がないのに猫に服などを着せるのは、これまたストレスの要因です。もしどうしても着て欲しい服がある場合は、写真を撮ったらすぐに脱がせてあげてください。

最悪の場合、服を着せた事で事故に遭う可能性がゼロではありません。猫が嫌がってなさそうでも、なるべく早く脱がせるか服は着せないようにしてあげましょう。

4. 飼い主さんの食べ物を与える

人間の食べ物を見る猫

飼い主さんが食べているものを、ヨダレが垂れそうな勢いでガン見する猫…。あの猫の鋭い視線にかかったら、ついつい飼い主さんの食べ物を与えてしまいそうになりますが、これもやってはいけない行為です。

なぜなら、飼い主さんの食べ物は、猫には味付けが濃すぎる事がほとんど。加えて、タマネギなど猫が食べると毒になる食材が入っているからです。

猫がいくら鋭い眼光で欲しいビームを送ってきても、決して屈してはいけません。一時の感情だけで与えてしまうと、後悔する事になるかもしれませんよ!

5. ほったらかし

カーテン越しに外を見る猫

猫は自立した生き物だと誤解されがちなのですが実は意外と甘えん坊。飼い主さんとの触れ合いが全くないと、それはそれでストレスなのです。

ですから、ほったらかしは良くありません。猫から近寄ってきた時はもちろん、猫の様子を見て適度に構ってあげてください。

まとめ

猫を抱く男性

猫が可愛いばかりに、ついついやってしまいがちなNG行為。溢れ出る猫への愛は、正しい形で示してあげてください。そうすれば猫との絆がより深まる事でしょう。

スポンサーリンク