飼い主の声を書き込んでください

あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。

写真を付ける

この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。

1件の書き込み

  • 1:匿名 女性 50代以上 2019/05/25 00:18 [通報]

    我が家にも肛門嚢炎が癖になってしまった子がいる。ストレスが原因なのか来客があった後等、年に1回程度、気付いた時にはすでにカサブタになっていて、そこから医者に行っても「乾いてるし、このまま様子見で…」となる。意外に自力で治せてる??
    初めての時、まだ破裂して間もなくに病院に駆け込んだ。傷の洗浄と抗生剤の処方。でもこの子にはこの抗生剤がネックだった…。
    投薬後しばらくから数時間吐きまくり、余計にグッタリさせる羽目になった。そんな経験から、化膿していないようなら様子見を…と病院からも言われている。(絞って予防…という選択肢は当猫の凶暴性により排除された)
    猫の自然治癒力って結構侮れない。
    そのための体力維持に気を使うように心がけている。
書き込みに関する注意点

この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。

  • ・過度と捉えられる批判的な書き込み
  • ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み
  • ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み
  • ・荒らし行為
  • ・宣伝行為
  • ・その他悪質と捉えられる全ての行為

※android版アプリは画像の投稿に対応しておりません。