猫にするべきではない!NGな愛情表現3選

猫にするべきではない!NGな愛情表現3選

つい可愛すぎて…。行き過ぎた愛情表現や、実は間違っている愛情表現は、猫にとっても飼い主にとってもあまり良い影響は与えてくれません。そんな猫にとってのNGな愛情表現を3つご紹介したいと思います。

5290view

1. 猫の我がままを放置する

床を汚してしまった猫

とっても可愛い猫の我がまま、「このくらいいっか、ちょっとだけ」と許してしまうことはありませんか?たしかに広い心で見守ることは愛情表現の1つと言えます。しかし、我がままをずっと放置してしまうと、猫はやりたい放題してしまい家のなかが悲惨なことに!なんてことになりかねません。

好きに行動させるリスク

例えば、猫は高いところに登るという習性を持っています。高いところに花瓶などの割れ物が置いてあった場合、もしかすると登ったときにそれを落としてしまうかもしれません。人間が欠片を踏んで怪我をしてしまったり、落とした物が猫自身に当たり大怪我をしてしまうことも考えられます。

このように、猫が好き放題することによって起こりうる危険、生活に困ってしまうことは沢山あるはずです。なので、広い心で見守ることだけが愛情表現とは一概に言えないのです。

猫が悪いことをしたら?良い叱り方とは

猫を叱らなければならないとき、どのように怒るのが正しいのでしょうか?まず、大声を出して怒鳴る、叩いて体罰を与えるというのはNGな叱り方です。怒鳴ることで恐怖を感じてしまい、信頼関係に傷をつけてしまうかもしれません。

また、体罰は攻撃をされたと勘違いしてしまうこともあります。猫を叱るときに1番良いとされるのは、体に霧吹きをかけることだと言われています。猫は体が水に濡れることを嫌います。「これをしたら、水をかけられる(嫌なことが起きる)」と思わせることが効果的です。

叱る前に出来ること

しかし、爪を研ぐ・高いところに登る・トイレの粗相などは猫の習性でもあります。叱るという手段の前に、爪とぎを増やす、キャットタワーやキャットウォークを工夫する、トイレの数を増やす、いつも綺麗にしておくなどの対策を考えてみましょう。

2. 猫が嫌がる過度なスキンシップ

猫を触っている姿

猫を触りたい、抱っこしたい、一緒に遊びたいというのは、猫が好きな人であれば誰しも思うことでしょう。しかし、猫は基本的にひとりでゆっくりとしたい生き物です。寝ているときに無理に起こしたり、遊びたいからといって追いかけたりするのは、猫にとってストレスとなります。

猫には、落ち着くことのできる場所が必要です。ストレスを与えてしまわないよう、構いすぎるのは少し控えたほうが良いかもしれません。逆に猫から近寄ってきたときは、相手をしてもらえる大チャンスです!思う存分、嫌われない程度に、構いましょう!

3. 食べ物を与えすぎてしまう

ピザを食べる猫

よく食べる猫、人間の食べ物に反応する猫、猫の食嗜好も様々です。しかし、欲しがるからといってご飯を過剰に与えてしまったり、人間の食べ物をあげたりするのは絶対にしてはいけません。

まず、食べすぎてしまうと体重が増え肥満になってしまいます。肥満は呼吸器、循環器、関節や糖尿病など、身体の様々な部分で病気を引き起こします。体重管理は健康管理の基礎であることを念頭に置いておきましょう。

人間の食べ物を与えるのはNG!

そして人間の食べ物を与えた場合、猫は中毒を起こしてしまうことがあります。有名なものとして、玉ねぎやネギ、ニラ、ニンニク、ユリ根などがありますね。中毒となるものを食べてしまったら、赤血球が破壊されてしまう溶血性貧血になってしまい、症状が進行すると急性腎不全になり死に至ります。

猫が食べてはいけない食べ物は他にも沢山あります。事前に調べておくことも大切ですし、人間の食べ物は与えないと徹底しておくのも良いでしょう。

まとめ

膝の上で抱っこされる猫

つい甘やかしたくなり、間違った愛情表現をしてしまうことはあると思います。しかしそれが猫にとって本当に良いことなのか、もう一度考えてみましょう。

猫にとっても、飼い主にとっても、Win-Winな関係を築けることが幸せな猫ライフに繋がるのだと思います。