猫が遊べる手軽で身近なもの8つ

猫が遊べる手軽で身近なもの8つ

猫って何でもおもちゃに変えて遊びますよね。そんなとき自宅にある身近なものでおもちゃにしてあげることはできるのでしょうか?今回は手軽で身近にあるアイテムで猫が喜んで遊んでくれるおもちゃについてご紹介させていただきます。

965view

猫が遊べる身近なアイテムは?

猫とおもちゃ

自宅にあるような身近なもので、猫が遊べるアイテムはどのようなものがあるのかについて、ご紹介させていただきます。

1. ビニール袋

猫はとにかくビニール袋が大好きです。カサカサする音やフワフワと動く奇妙な動き、何となく透けるので奥のものに飛びつきたくなってしまうなど、ビニール袋は猫にとって魅力がたくさんあります。

飼い主さんがビニール袋の外側からチョンチョンと触れば、ビニール袋の中に飛びついて遊んでくれたり、テンションマックスになってくれますよ。猫とビニール袋で遊ぶときには、飼い主さんが引っかかれてしまわないように気を付けて。また、猫の爪にビニール袋が引っかかってしまわないように気をつけながら遊んであげてくださいね。

2. 紙袋

:

猫は狭くて暗い場所が大好きです。紙袋はなんの手も加えなくても置いているだけで中へ飛んで入って倒してみたり、取っ手で遊んでみたりなどおもちゃにしてくれます。多頭飼いをしていれば、紙袋の争奪戦がはじまるので、なんとも見ていて微笑ましいですよ。

3. ティッシュ箱

使い終わった空っぽのティッシュ箱の側面2箇所を開けておいてあげれば、猫は吸い込まれるように走ってピッタリと収まって遊び出します。紙袋と同様に、狭い場所が好きなので、どうしても飛び付きたくなってしまうのですね。

4. ダンボールに穴を開ける

猫とダンボール

自宅でいらなくなったダンボールに10円玉くらいのサイズに穴を開ければ、なにもしなくてもそこから手を出してみたり覗いてみたりなど夢中になってくれます。そこから猫じゃらしを出したりしてあげれば大興奮してくれますよ。

5. 新聞紙やチラシを丸める

猫のおもちゃを飼えなかったり、身近なもので代用したいときは、新聞紙やチラシをクシャクシャっと丸めるだけで簡単に「ボール」を作ることができます。壊れてしまってもいつでも手軽に作れるので、たくさん投げて運動をさせてあげられますね。

6. ハンカチ

ハンカチを使えば、頭を使いながらおやつを探すことができる遊びをさせてあげることができます。
方法としては、ハンカチでおやつを下に入れて隠してみたり、包んでみたりすると猫は興味津々になっておやつを取り出そうと遊び出してくれますよ。

7. ペットボトル

:

猫は空っぽのペットボトルもおもちゃにして遊ぶことができます。空のペットボトルの中にビー玉などを入れれば、転がすだけで「カラカラ」と言う音がするので前足でチョンチョンしながら追いかけてくれますよ

またペットボトルに小さな穴をあけて怪我をしないようにビニールテープで止め、おやつを1粒いれれば、脳を働かせながら遊ぶこともできます。

8. ビニール紐

猫が飼い主さんのことを無限に追いかけて来てくれるのがビニール紐です。飼い主さんに1mほどのビニール紐をズボンなどにくくり、飼い主さんが走り回れば猫もそれにつられて、凄まじい勢いで追いかけてきてくれますよ。猫の運動不足の改善やストレス発散にはもってこいです。

まとめ

ぽんちゃん

猫はビニール袋、ペットボトル、ティッシュ箱、紙袋、チラシ、新聞紙、ハンカチ、ダンボールなど身近にあるもので、簡単に大喜びをしてくれるおもちゃを作ってあげることができます。

飼い主さんにとってもコストをかけることがなく、猫も喜んでくれるので一石二鳥ですね。しかし、身近なものは猫にとって楽しめるアイテムではありますが、誤飲や怪我の原因になってしまうこともありますので、飼い主さんが必ず目を離さずに様子を見ながら遊ぶようにしてくださいね。