猫を飼うとき何に注意する?里親や讓渡会利用のマナー

猫を飼うとき何に注意する?里親や讓渡会利用のマナー

あなたは猫を飼う時に、どんな点に注意をしますか?もちろん、猫が可愛いからと言う安易な考えだけで猫を飼おうとはしませんよね。命あるものは、人間も猫も同じと言う考えをしないといけません。里親や讓渡会を利用するマナーもそう言ったところに重点をおいています。讓渡会などを利用する人への参考になれば良いと思います。

592view

里親になる為に必要なマナーやルール

猫と青空

もしも、あなたが猫を飼おうか悩んでいたり、飼おうと思っている場合に、どんな手段で猫を迎え入れたいでしょうか?ペットショップや、知人からと言う人もいる中で、里親募集で出会いたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

里親募集のマナー

箱に入った猫

里親になるには、猫をただ選ぶのではなく、あなたが里親に相応しい人か、信用できるのかなどを確認しないといけません。人と人とのやり取りが最も大切なスペースと言えるのでしょう。
今では、インターネットの里親募集サイトを通じて好きな猫を探す事や、お試し期間を設けていたり、初期費用をおさえられるなど飼いやすい環境を整えてくれています。里親募集をする側の人達は、行き場のなくなった猫達を幸せにしてくれる里親さんを熱心に探しています。募集サイトから手軽に誰でも飼えると言うよりは、里親になる為のルールやマナーがしっかりと決められています。

讓渡会のルール

子猫4匹

全国には、里親募集の目的で讓渡会が開催されています。愛護団体、保健所、自治体、NPO法人など保護猫の讓渡会をされている団体があります。主催される団体によりますが、事前に連絡したり予約をしてから参加する場合もあります。讓渡会に参加してみて、猫と触れ合い相性をみたり、スタッフさんに相談や詳しい説明などを聞くことも出来ます。「この子を飼いたい!」と良い出会いがあれば、その日に連れて帰れると言う訳には行かず讓渡会のルールに従ってお話を進めて行く流れになります。やはり、里親になるには猫の事も知っておく必要がありますし、一生大事に育てる気持ちがあるかなども必要になるのです。

里親になるには条件がある

女性と猫

最近よく耳にするのは「里親募集の条件が満たせないから飼えない」「条件が厳しすぎる」と言う言葉です。つまり里親になるには、条件をクリアしないと引き取れないのす。例えば、家の間取り、留守する時間、単身、男性、未婚カップル、子持ち、固定電話なし、飼育履歴、60歳以上、賃貸住みなどに当てはまるとアウトと言うことなのです。それだけではありません、個人情報の勤務先や年収などを必要義務としてくる場合もあります。これを聞いて、あなたはどう思いますか?
もちろん、保護団体によって条件は異なりますが、細かく厳しい条件が揃っていると言われています。また、個人で里親募集されている場合では、条件もまた変わってくると言えるでしょう。

里親の条件が厳しい理由

里親詐欺

暗闇の中の猫

条件が厳しくなった理由のひとつは、詐欺問題です。里親になりたいと引き取って、猫カフェで働かせたり、新たに転売して費用を稼ぐ、保健所に殺処分目的に持ち込むなどの被害が多発したからなのです。里親になる目的ではなく、猫をものとして利用する悪人がいるという問題です。

虐待

横たわる猫

猫の虐待は大きなニュースにもなりました。虐待の様子がネットで流されたり、保護猫数十匹を虐待死させる事件が多いのも条件が厳しくなる理由なのです。条件の中に単身の男性とありますが、これは差別と言う訳ではなく、ちゃんと理由があったからなのです。虐待のニュースになった事実には、単身者の男性が圧倒的に多いと言う点でしょう。虐待はあってはならない事です。保護団体が慎重になるのも仕方ないのでしょう。

不幸

顎を撫でられている猫

条件が厳しくなる理由は、保護猫に幸せになってもらいたいと切に思う一心があるからなのです。衰弱しかけてた猫、殺処分されそうになった猫、愛情を知らない猫など、心に傷を負った猫達も多くいます。二度と悲しい気持ちや、苦しい思いをして貰いたくないと言う気持ちで里親を探しています。軽い気持ちで捨てたり放棄すれば、猫がまた同じ辛い目に合います。一匹でも多くの猫が、幸せになれる事を願っているからなのです。

猫を飼う時の注意点

完全室内飼いできる?

部屋でくつろぐ猫

猫を育てる環境で、外には出さないように求められています。完全室内飼いをできるかどうかでしょう。外を知らなければ猫は出たがりません。むしろ、猫を外に出すリスクの方が大きいと言えるのでしょう。

ペット飼育はOK?

猫とキスする女性

猫が飼える住居かどうかはとても大切です。もちろん、賃貸でもペット可もあります。管理人にバレたから飼えなくなった、転勤や引越しするから捨てるなどの理由は通りませんね。必ず、飼育できる環境や気持ちは必要でしょう。

留守がちにしないか?

窓から覗く猫

出張が多い、残業が多いなど仕事メインの生活環境の人、旅行が趣味でその度留守がちになる、預けるなどをする人は猫を飼わない方が良いのかも知れません。猫をしっかりお世話できる状態になってから飼う方が猫も幸せでしょう。

猫を育てる余裕があるか?

猫と家族

猫を外に出さなくても、去勢手術は必要です。讓渡会など保護団体では、保護した猫の手術を施されているそうです。猫が健康で暮らせる為に必要な、ワクチン接種も必要です。病気やケガをすれば治療費もかかります。食事などのお世話以外にもお金はかかると考えておきましょう。自分の生活で、猫への余裕がなくなると言う不安があるなら、今飼うべきではないのかも知れません。

責任を約束できるか?

横向きで寝そべる猫

猫を飼う=家族として思えるかと言うことです。猫だから、ペットだからと言う考えの人は、何か問題があったり、気持ちが変われば大切にできなくなってしまうと言う不安があります。猫からすれば、信頼した親に捨てられたと思ってしまうでしょう。最期まで責任を持つ、命を預かるのは簡単なようで難しいと思います。飼う前に、もう一度ひとつずつ確認してみて、決断をするようにしましょう。

まとめ

首を傾げる猫

猫を飼う時に注意する事、里親や讓渡会でのマナーやルールに関して書きました。猫を飼いたいと思って調べると、讓渡会や募集サイトの条件の厳しさに引かれる人も多いようです。しかし、ちゃんと理由があってここまで厳しくしていること、猫の痛みがわかる人達がいると言うことを、頭に入れてみれば納得できるのではないでしょうか?