【人の数万〜数十万倍の嗅覚】猫が苦手なニオイに気をつけよう

【人の数万〜数十万倍の嗅覚】猫が苦手なニオイに気をつけよう

猫は人間よりも嗅覚がとても優れている動物です。それにより飼い主さんに懐かないということがあったり、何かを嫌がる仕草を見せるときそれは「ニオイ」が原因となってしまっていることもあります。ソコテ今回は猫の嗅覚についてや気をつけるべきニオイについてご紹介させていただきます。

915view

猫の嗅覚はすごい

猫の鼻

猫は味覚や視覚などは人よりも弱いと言われていますが、ずば抜けて優れているのが聴覚と嗅覚です。猫の聴覚は人間の4~5倍あり、嗅覚はなんと数万~数十万倍も優れているのが分かっています。

猫が何もないようなところを眺めたり、何もないのに突然嫌がるような仕草をする、不機嫌になってしまうなどといった不思議な行動をすることが稀にありますよね。実はそれにはニオイが関係していることもあるようなんです。

猫の好きなニオイなら問題ありませんが、嫌がるニオイは避けたいもの。それでは猫はどういったニオイが苦手なのでしょうか。

猫のためにも苦手なニオイは気をつけて

ピンクの鼻

猫は嗅覚が優れているため、人間にとっては好きなニオイであったり気にならないようなニオイであっても、不快と感じてストレスになってしまっていることがよくあります。

何もしていないのに、飼い主さんに突然懐かなくなったり触ろうとすると攻撃的になる原因にも、ニオイが関係していることがあるくらいです。そんなニオイの中でも特に猫が苦手としているものについてご紹介させていただきます。

柑橘類

オレンジ

人間としてはスッキリとして爽やかな香りが楽しめる柑橘類のニオイ。

でも実は柑橘類の香りは、しつけや猫避けとしても使われてしまうことがあるくらい、猫の苦手なニオイです。

柑橘系の香りと言えばオレンジやレモン、グレープフルーツなどがあげられますが、このような香りのするものを使ってしまうと猫は大変嫌がってストレスになってしまいます。

食器洗剤を柑橘類に変えただけで、猫の食欲が落ちてしまうなんてこともあるくらいです。猫は何事もニオイで好き嫌いの判別をしていますので、飼い主さん自身も気をつけなくてはいけないでしょう。

柔軟剤

柔軟剤

人間にとっては便利な柔軟剤ですが、猫は残ったニオイが苦手なようです。

猫のおもちゃやキャットハウスなどのアイテムをキレイにするために定期的に洗うこともあると思いますが、洗剤や柔軟剤のニオイを気にした事はありますか?

最近では香りのよい柔軟剤が数えきれないほど売られていて、人間にとっては良い香りで嬉しいもの。でも人間にとって程よい香りでも、人間の数十万倍もニオイを強く感じてしまう猫には注意が必要です。

せっかく洗濯しても、香りがきついと猫がキャットハウスで寝なくなってしまったなどというトラブルを招くことも。

タバコ

煙草

喫煙する人間にとっても体に良くなく、そして副流煙によって周りの人間などにも害をもたらしてしまうタバコ。人間でも喫煙をしない人では、そのニオイを良い香りと感じないことのほうが多いのではないでしょうか。

実は猫も同様で、タバコのニオイが大嫌い。それだけでなく人間よりもずっと小さな体には、副流煙の害も大きく影響してしまいます。猫を飼っている場合は猫のいる室内でタバコを吸わないようにすることが、猫の長生きのためでもあるでしょう。

香水

香水

香水は匂い自体が強いので人間でも好き嫌いが分かれますよね。

猫はこの「強いニオイ」が大変苦手です。ニオイの強烈さが苦手なので、柑橘系に限らずどんな香りの香水であっても猫にはNGです。
飼い主さんの身につけるものや衣類などに香水がついているだけで、避けられるなど懐かなくなってしまうことも。猫を飼う以上は、このようなニオイには気をつけなくてはいけないでしょう。

まとめ

テントウムシと変な顔の猫

猫の嗅覚は人間のなんと数万~数十万倍も優れています。

人間としては気に入っているニオイでも、鼻の良い猫にとっては不快でストレスになってしまっていることも。今回ご紹介したような柑橘類や香水やタバコなどの、人間からしても非常に強いニオイのするものは特に気をつけるようにしてあげましょう。

スポンサーリンク