猫が飼い主を下にみているときにする行動8つ

猫が飼い主を下にみているときにする行動8つ

猫は家族の中で序列をつけないと言いますが、自分より下に見る存在というのは、やはりいるようです。もしそれが、飼い主だったら…?猫は何か特徴的な行動を取るのでしょうか?飼い主を下に見ているかもしれない時の行動を、チェックしてみましょう。

11969view

飼い主を下に見ている猫の行動とは?

寝そべる猫

猫は、飼い主を下だと思っていると、こんな行動に出るようです。

1.呼んでも無視!

上を見上げる猫

信頼関係のある飼い主ならば、呼ばれたら振り向く、耳やしっぽを動かすなど何かしらの反応を示します。ですが、下に見ているということは信頼関係もあったものじゃありませんから、無視されてしまうでしょう。

飼ったばかりの猫の場合、まだ名前を覚えていない可能性も。一緒にいる時間が短過ぎて信頼関係が出来ていなければ、当然呼んでも反応しない事はあります。猫としっかりとした信頼関係を築いていく必要があるでしょう。そうすれば、呼ぶと何かしらの反応を示してくれる猫になるはずです。

2.まず近寄ってこない

穴から覗く猫

猫が飼い主を下に見ている場合、まず側には寄ってこないでしょう。猫は、自分よりも下の立場だと思っている存在に、自分からは寄っていかないと言います。犬のように序列を作るワケではないようですが、ボス猫、準ボス猫、以下同列、程度の地位の差は、あるようです。

ですから、猫自身が自分はボス猫、飼い主は以下同列だと思っていたらまず、猫の方から近寄ることはないでしょう。もし近寄るとしたらそれは、ご飯が欲しいとか撫でろとかの要求がある時です。

3.触ると本気で怒る

怒る猫

モッフモフの可愛い猫、思わず触りたくなりますが、実際触ると猫が本気で怒ってくること、ありませんか?飼い主が触った時、全力で怒るのならそれは、完全に下に見られてしまっているかも…くれぐれも、ケガをしないようにお気をつけください。

慣れていると思っても、野良猫をふいに触ろうとして噛まれることもあります。野良猫は様々な病気を持っていることがあり、その病気が移る可能性もありますので、十分注意しましょう。

4.触らせてくれない

猫の目

そもそも、触らせてくれない猫も、いるでしょう。触ろうとするとサッと逃げてしまう場合、下に見られているかもしれません。無理に追いかけると、猫にとっての印象が益々悪くなってしまいます。グッと堪えるしかありません。

5.目の前でご飯を食べない

ご飯皿と猫

猫は安心できる環境でないと、ご飯を食べません。飼い主の前ではご飯を食べないと言うことは、安心できないのでしょう。猫がストレスを溜めないよう、別の部屋に行くなどした方が、良いかもしれません。

6.近づこうとすると逃亡

走っている猫

猫に近付こうとする空気を出すと、逃げてしまう場合。無理に近づかない方が良いでしょう。猫は辺りの様子を見て、危険がないと分かると、自分で近づいてきます。それまで待つ方が、猫と仲良くなる近道です。

早く仲良くなろうとして、こちらから近づこうとすると余計警戒され、遠回りとなってしまいます。猫のペースに任せて、焦らないようにしましょう。

7.しっぽをブンブン振る

猫のしっぽ

猫は機嫌が悪い時、しっぽをブンブン振ります。飼い主に触られた、抱っこされたなどで不快感があるためにブンブン振ることも。こんな猫の様子が見られたら、すぐに離してあげましょう。下手をすると、攻撃されることにもなりかねません。

8.イカ耳になる

ボールと猫

耳を横向きに伏せるのは、不快な時です。いわゆる「イカ耳」と呼ばれるこの耳の形ですが、機嫌が悪い時なので、下手に近づかない方が無難です。

下に見ている飼い主に近づかれて、機嫌が悪くなったのかもしれません。触らぬ神に何とやら、さっさと退散しましょう。

まとめ

怖い顔の猫

基本的に猫が飼い主の人間性が嫌いで嫌う、ということはないようです。飼い主の行動だったり匂いだったり、そういう部分が猫の鼻につくのかもしれません。猫が嫌がるようなことは、慎んだ方が良いですね。せっかく一緒に暮らしているのですから、仲良くやって行きましょう!