猫が嫌がる『飼い主の行動』9つ

猫が嫌がる『飼い主の行動』9つ

当たり前ですが、猫と飼い主は違う種族の生き物なので、嫌なことに対しての感覚が違います。飼い主が良かれと思ってやっている行動も、猫にとったらこの上なく嫌なものかもしれません。猫が嫌がるのは、飼い主のどんな行動なのかチェックして行きましょう。

3504view

こんな行動は嫌がられますよ!

上目遣いの猫

飼い主がこんな行動をしたら、猫は嫌がります。ご注意を…

1.無理やり抱っこ

腕に絡みつく猫

猫は、束縛を嫌う動物です。いつでも自由に、動き回りたいのです。と言うと語弊があるかもしれませんが、体が保定されていると猫にとっての有事があった際、逃げることができないので不安を感じます。ですから、抱っこを嫌がる猫が、多いのです。

もちろん、抱っこが好きな猫もいます。飼い主の温もりを感じ、腕などで覆われることに、安心を感じるのでしょう。飼い主の匂いもしますしね。猫の好みにもよりますが、もし抱っこがあまり好きな猫ではない場合、無理やり抱っこすることは、避けた方が良いでしょう。

ただ、災害時などに全く抱っこが出来ないと、猫自身にマイナスになる場合があります。ですから、少しずつで良いですから、抱っこに慣れさせておくことも必要です。前向き抱っこはダメだけど、背中から抱っこされる後ろ向き抱っこは平気、と言う場合もあります。さりげなく抱っこして、慣れさせておきましょう。

2.大ボリュームの音を立てる

ヘッドホンをする猫

猫は大きな音が苦手です。工事の音、花火の音、お鍋を落とす音などが聞こえると、恐怖を感じて身をすくませるでしょう。なるべく、猫がいる場所では大きな音は立てないよう、注意しましょう。

掃除機やドライヤー、インターフォンの音なども嫌う傾向にありますが、いつも聞こえてくる生活音は、慣れることがほとんどです。ですがもし故意に飼い主が大きな音を立てるなら、そのうち不信感を持たれてしまうかもしれません。猫が穏やかに暮らせるよう、気をつけてあげてください。

3.クッサい匂いをプンプンさせる

鳴く猫

クッサい匂いと言えば、脇や足などの体臭を思い浮かべる
かもしれませんが、猫はそれらの匂いが大好きです。猫にとってのクッサい匂いとは、香水やアロマなど、一般的に人が良い匂いと思うもののことが多いです。

柑橘系の爽やかな香りも、猫は苦手とします。みかんの皮などに含まれる「リモネン」という成分が、猫にとって有害だからです。アロマも猫の体の機能では分解出来ないと言われており、有害なものが多いと考えられています。安全性が確認できない限りは、使用しない方が無難でしょう。

4.追いかけ回す

振り返る猫

猫を追いかけ回す飼い主はそうそういないとは思いますが、猫は追われると、全力で逃げます。ビビりな猫の場合、特に追いかける気はなくても近づくだけで、逃げることがあります。

病院などに連れて行くのに仕方のない場合もありますが、追いかけられて猫が恐怖を感じると、飼い主への不信感へ繋がってしまう場合も。猫を捕まえる時は追いかけるのではなく、普通の顔をして何気なく近づき、素早く確保すると良いでしょう。

5.トイレ掃除をしない

トイレ中の猫

トイレにこだわりがある猫は多く、汚れていると嫌がって、排泄を我慢したり、粗相したりしてしまいます。我慢すると病気になってしまう可能性がありますし、粗相は飼い主が片付けるのが大変です。トイレは常に、キレイに保ってあげましょう。

外出が多くてマメに掃除ができない場合は、トイレの数を増やすか自動式トイレを置くと良いでしょう。

6.全く構わない

パソコンと猫

猫は比較的孤独に強いですが、それでも飼い主との触れ合いは必要です。全く構わないでいるとストレスを溜め、体調を崩してしまうこともあります。

猫といる時間はなるべく、猫のことを気にかけてあげてください。猫が近寄ってきた時は、たくさん構ってあげると良いでしょう。

7.寝てるのに起こす

振り返る猫

1日のほとんどを寝ている猫ですが、そのうちほとんどが浅い眠りで、数時間熟睡しています。この熟睡が猫にとっては大切で、十分熟睡ができないと、寝不足になってしまいます。

猫が寝ている時は、起こさないように気をつけましょう。ついつい可愛くて構ってしまいたくなるのですが、なるべくそっとしておいてあげると良いでしょう。

8.目をじっと見つめる

見つめる猫

猫にとって目をじっと見つめられるのは、喧嘩を売られていると言う意味になってしまいます。キレイな猫の目を見つめたくなる気持ちは分かりますが、じっ〜と見ていると飼い主から喧嘩を売られていると思い、決して良い気分にはならないでしょう。

猫と目があったら、ゆっくりと瞬きするのがオススメです。これは、愛情を伝えていると言われています。猫が瞬きをし返してくれたら、猫も飼い主のことが好きだと思っていると考えられます。瞬きで気持ちが通じ合う瞬間を、味わってください。

9.大切にしない

こちらを見る子猫

猫を飼っても大切にしなかったら、猫は嫌がるでしょう。何らかの事情があり、飼えなくなったからにべもなく捨てるなんて、もっての他です。絶対にやってはいけません。

1度猫を飼ったら、その命が尽きるまで飼うのが飼い主の責任ですが、もしどうしても飼えなくなってしまった場合は、必ず次に面倒をみてくれる人を見つけてください。

まとめ

弦之介

抱っこや目を見つめることなど、人の感覚ではそれほど嫌がられるとは、思わないのではないでしょうか?でも猫は、嫌がる行動なのです。猫は言葉こそ話しませんが、行動で嫌なことを示しています。猫の反応を見て、行動して行くと良いですね!

スポンサーリンク