猫は鱈を食べても大丈夫?注意点や鱈を使ったおやつも紹介

猫は鱈を食べても大丈夫?注意点や鱈を使ったおやつも紹介

猫の食事やおやつに、鱈を取り入れたことはありますか?猫には「魚好き」というイメージがありますが、猫は鱈を食べても問題はないのでしょうか。今回は鱈が猫にあたえるメリットとデメリット、鱈を用いた料理の動画や鱈の猫用おやつなどについてご紹介いたします。

757view

猫は鱈を食べても大丈夫

鱈の切り身

鱈は猫にとって安全な食べ物だといわれています。栄養価も高いため積極的に取り入れる飼い主さんもいるようです。ただし、与えるときにはいくつか注意点があることも覚えておきましょう。

猫に鱈を与えるメリット

鱈にはビタミン12やビタミンD、グルタチオンなどの栄養素が含まれています。ビタミンB12は主に魚介類や肉製品に含まれる栄養素で、猫の体内でヘモグロビン生成を促進し、動脈硬化のリスクを下げる作用があります。ビタミンB12が不足すると成長抑制や神経障害を引き起こす可能性があります。

ビタミンDには、カルシウムの吸収を促進させる働きがあるので、猫の骨や筋肉を強化する効果があるようです。グルタチオンには抗酸化作用があり、猫の老化防止や動脈硬化の予防によいとされています。特に肝臓や皮膚、目の働きを高める効果が期待できます。

猫に鱈を与えるデメリット

鱈の栄養成分であるタンパク質は、腎不全を発症している猫に与えるのはよくないとされています。また、飼い主さんの中には鱈の白子を好んで食べる方もいるかもしれませんが、鱈の精巣を猫に与える場合には、内臓に寄生する寄生虫に注意が必要です。

猫に鱈を与える前に注意すべきこと

後ろ足で耳の後ろを掻く猫

鱈の骨に注意

鱈には小骨があり誤って食べてしまうと、猫の器官や胃腸を傷つけてしまう可能性があります。細かな骨までもきちんと取り除くか、フードプロセッサーなどを用いて細かく加工してから与えるようにしましょう。

魚アレルギーに注意

鱈などの魚介類を摂取することによって、アレルギー症状を引き起こす猫がいます。猫が初めて鱈を食べるときには、様子を見ながら少しずつ与えましょう。アレルギー症状としては下痢や嘔吐、排便の量が増えるなどの消化器系の症状や、頭や首、耳などをかゆがるなどの症状があります。猫の異変に気づいたらすぐに受診しましょう。

アニサキスに注意

アニサキスは寄生虫の一種で、鱈、いわし、鯖、さんま、あじ、いか、鰹などの魚介類の内臓に寄生します。

アニサキスは鮮度が落ちると魚の内臓から筋肉へと移動します。内臓を取り除いたとしても鱈を生で食べてしまうと、猫の体内にアニサキスが侵入してしまい、食中毒(アニサキス症)を引き起こす原因となります。

人間がアニサキス症を引き起こすと、激しい腹痛と嘔吐などの症状がみられますが、猫にも同じような症状が出るといわれています。アニサキスは熱に弱いため、必ず加熱処理を行ってから与えましょう。

調理の仕方に注意

鍋料理のように、さまざまな材料と一緒に煮込んで調理した鱈は与えない方がよいでしょう。人間が食べる料理にはネギやニラなど、猫が食べてはいけない食材が用いられていることが多く、一緒に調理をすると食材の成分が溶け出し鱈に移ってしまう可能性があるので注意が必要です。

鱈を用いた猫用のレシピを参考に餌を用意するときには、茹でるなどの加熱処理を行うことや、骨を丁寧に取り除くこと、細かくすりつぶすなど、調理法を工夫するようにしてください。

鱈を使った猫のおやつ

人の手からオヤツをもらう猫

猫ちゃんのおやつ細切り鱈

猫ちゃんのおやつ たら細切り(18g)
131円(税込)

魚肉のすり身やでんぷんを用いて、細い棒状に加工された猫用のスナックです。内容量18グラムと、猫の食事量に配慮された便利な小袋パックとなっています。1袋から購入可能ですが、12袋入りのセット販売も行っています。

アスクJAPAN PREMIUM(釧路産ひめたら)

アスク JAPAN PREMIUM 釧路産ひめたら 60g
341円(税込)

アスク「ジャパンプレミアム」シリーズは、厳しい品質検査をクリアした国産の原料を用いたおやつ用フードです。原材料に釧路産のひめ鱈がふんだんに使われています。猫の健康な歯や骨格、美しい毛艶などの維持をサポートします。

素材そのままフリーズドライ鱈(ペティオ)

素材そのままフリーズドライ鱈(ペティオ)
213円(税込)

フリーズドライ製法によって、栄養価を損なわずに水分のみを飛ばし、素材本来の風味と軽い食感が楽しめるおやつに仕上げてあります。無添加や無着色にこだわっていることや、外出時にも便利な一口サイズに加工されている点も魅力的です。ぬるま湯や水でふやかすことで、幼猫やシニア猫でも安心して楽しむことができます。

猫にチーズ鱈は与えちゃダメ!

チーズたら

人間用の加工食品を猫に与えることはあまり望ましくありません。人間の嗜好に合わせた「チーズ鱈」のチーズは、塩分や脂肪分が高いため、猫の腎臓に負担をかけたり猫の肥満の原因になったりします。

また、猫は乳製品に含まれるラクトースという成分を消化吸収することができないため、微量であっても猫が口にしてしまうと消化不良を引き起こす恐れがあります。

猫が鱈を食べている動画

猫に人気の鱈ごはん

冷凍の鱈を用いた猫用のご飯を紹介している動画です。動画の中で鱈の詳細な調理方法の説明や付け合わせの食材も知ることができるので、鱈の与え方に迷ったら参考にしてみてくだい。

鱈のアクアパッツァ風(猫のトッピングごはん)

真鱈やあさり、トマト、きのこなどを用いて「アクアパッツァ風」のお料理を作る様子が紹介されています。小さくカットした鱈や魚介類をドライフードの上にトッピングし、猫の食欲が高まりそうな盛り付けになっています。

鱈のお魚フレーク

猫のごはん用に飼い主さんが鱈の自家製フレークを作っているシーンや、猫の待ちきれないような姿、実際に猫が食べている様子を楽しめる動画です。包丁で細かく刻むことで、猫が喜ぶ手作り鱈フレークを作ることができるようです。

鱈のおやつを食べる猫ちゃん

猫が寝転がったまま、おやつの鱈を食べています。猫が取りやすい形に飼い主さんが工夫をしたのでしょうか。猫が前足を使って器用に口に運んでいます。

まとめ

カゴに入った鱈と近寄る猫

猫が鱈を食べることで、鱈に含まれる栄養素を摂取することができます。一方で与え方に注意が必要であるということもしっかり認識しておきましょう。

初めて鱈を食べる猫や、「鱈レシピ」に初めてチャレンジする際には、調理方法に気を付け、猫の体調をよく観察しながら食べさせてください。鱈を手軽に取り入れたい方には、鱈の猫用おやつもおすすめですよ。