猫に「かつお」を食べさせる時の注意点

猫に「かつお」を食べさせる時の注意点

猫は魚が大好きで特に、かつおが好きな猫も多くいますよね。猫にかつおをあげている方も多くいらっしゃると思いますが、食べさせる時に注意をしなくてはいけないこともいくつかあります。そこで今回は猫に「かつお」を食べさせる時の注意点についてご紹介させていただきます。

1440view

猫はかつおを食べても大丈夫!

黒板に書かれたかつおを見つめる子猫

猫は、かつおを食べられるのでしょうか。猫は魚が大好きで、かつおをいつもあげている方もいらっしゃると思います。結論として、猫は「かつおを食べることができます」。

かつおを食べた時の効果

猫の大好きなかつおには、ビタミンB12が多く含まれており、

  • 鉄分を補い、貧血の予防をする
  • 睡眠リズムを整える
  • 自律神経を整える

などといった働きをしてくれます。

またそれだけではなく、猫の脳や神経を発達させる成分や、中性脂肪を正常に保たせる働きのある成分も、かつおは保有しています。

それにより、かつおを使ったキャットフードやおやつは、おすすめなんですね。

しかし、人間の食べるかつおをあげることもありますよね。それらも同様の作用があるので、食べさせてはいけないわけではありません。

しかし、猫にかつおを与えるときには、注意点もあります。そこでつづいては、猫にかつおを与えるときの注意点についてご紹介させていただきます。

猫にかつおを与えるときの注意点

テーブルのかつおを狙う猫

猫がこぞって喜び、いつもかつおをあげると元気になるので、「ついたくさんあげてしまう」「日課のようにあげてしまう」という飼い主さんもいらっしゃると思います。

しかし、かつおを与えるときには、猫のためにも気をつけてあげなくてはいけないこともあります。そこでここでは、猫にかつおを与えるときの注意点についてご紹介させていただきます。

猫にかつおを与えるときはあげすぎに気を付ける

猫にかつおを与えるときは、与えすぎに注意して「おやつ程度」で与えてあげてください。人間の食べ物ばかりをあげていると、猫は薄味のキャットフードや、ウェットフードを食べなくなってしまうこともあります。

そして、猫がかつおばかりを食べるようになってしまうと、健康的にあまりよくありませんので、あげすぎには気をつけなくてはいけません。

またそれだけでなく、かつおを食べすぎると猫は、「黄色脂肪症」という病気になってしまうこともあります。こちらは、かつお、まぐろ、ブリなどに含まれている不飽和脂肪酸を、過剰に摂取してしまうことで脂肪が酸化してしまうものです。猫がかつおなどを食べすぎて黄色脂肪症になると、

  • 痛みのあるように鳴く
  • お腹を撫でさせてくれない
  • 毛づやが悪くなる
  • 歩きにくそうになる
  • お腹に脂肪の塊(しこり)がある

などといった症状がでてしまいます。

これらのようなことを踏まえると、猫にかつおを与えすぎることは決して良くないと言えるでしょう。

猫にかつおを与えるときは調理してから与える

猫にかつおを与えるときは、「生」は危険なこともあるのを知っておかなくてはいけません。これはかつおに限らず、まぐろやブリも同様です。

生のかつおなどの魚を与えた時に猫に及ぼす「アニサキス寄生虫」の危険についてご紹介させていただきます。

アニサキス寄生虫は、かつおやアジ、いわしなどの魚の内臓に潜んでいる寄生虫です。加熱をすれば基本的には有害ではないのですが、生の状態で食べるとアニサキス寄生虫が原因で、猫は嘔吐や下痢などの食中毒のような状態に陥ってしまいます。

ですので、寄生虫を死滅させるためにも、

  • 茹でる
  • 焼く

などの調理方法の方がおすすめです。

猫にかつおを与えるときは調味料がついていないか気を付ける

猫におやつ程度にかつおを与えるのは問題ありません。しかし、ネギやミョウガなどの薬味に気を付けなくてはいけません。

猫はネギや玉ねぎ、ミョウガやショウガなどの薬味、お酢や食塩、醤油なども危険です。

猫にかつおを与えるときは病気になってしまう可能性もあることを分かっておく

猫にかつおを与えるということは、「病気」の原因になってしまう可能性もあります。
その病気とは「尿路結石」です。

かつおなどの魚は、「ミネラル」を豊富に含んでいます。人間にとって体に良いものでも、体の小さい猫に、このミネラルを過剰に摂取させることは非常に有害なのです。

猫がミネラルを過剰に摂取すると、体内の有機物と合体して石になってしまいます。すると、

  • おしっこが出なくなる
  • おしっこをするときに激痛を伴う
  • 腎不全になる

これらのような症状が猫にでてしまいます。ですので、猫にかつおを与えるときには、量や与え方をよく考えなくてはいけませんね。

猫にかつおを使った食品をあげてもいい?

食卓に座ってかつおを食べようとする猫

猫が喜んでくれると、どうしてもかつおをあげてしまうこともありますよね。では、かつおを使った物は猫にあげてもいいのでしょうか。いくつかご紹介させていただきます。

かつおぶし

猫にかつおぶしを与えるのは、人間のものではなく、猫用のものを与えるようにしましょう。人間のかつおぶしは塩分も高いので、猫の健康を考えるとあまりおすすめはできません。

猫にかつおぶしを与えるときには、元気がなくてキャットフードを食べないときなどに、猫用のかつおぶしをキャットフードの上に、少しふりかけると良いでしょう。

かつおのたたき

鰹のタタキは、おやつ程度に猫にあげるのは問題ありません。かつおのたたきであれば、炙りものなので寄生虫も死滅していて、加熱前の酵素もしっかり補うこともできるのでおすすめです。

しかし、与えすぎは前述のように有害ですので、量には気をつけてくださいね。

刺身

刺身は、猫にとって与えすぎは有害ですので、ほんの少量を食べさせるようにしましょう。生であるかつおの刺身を猫に食べさせすぎてしまうと、

  • 黄色脂肪症
  • ビタミンB1欠乏症

になってしまうことがあります。

細かく切って、おやつ程度に与えてあげてくださいね。

まとめ

猫用のかつお味のご飯を食べる猫

猫は、かつおやまぐろなどの魚が大好きですよね。与えるときに、少量であれば問題ないとは言われていますが、できる限りは「猫の餌」でまぐろやかつおを選んであげてくださいね。

猫にかつおをあげるときには、ご褒美などとして、おやつ程度に与えるようにしてください。

人気のキーワード