猫の耳の下がハゲてる...これって大丈夫?

猫の耳の下がハゲてる...これって大丈夫?

猫にはふわふわとした可愛い被毛がありますが、ふと見ると耳の下だけハゲてしまっていることありませんか?「病気かな?」と心配になってしまう方もいらっしゃると思いますが、今回は耳の下がハゲてしまう原因で考えられることをご紹介したいと思います。

1591view

猫の耳の下がハゲる原因は?

猫にはフワフワとしたチャームポイントとも言える被毛がありますよね。猫によって柄や色も違うので本当に可愛らしいものです。

しかし、ふと気がつくと「耳の下だけがハゲている」ということありませんか?「病気かも」と心配になってしまうかもしれませんが、ここではその猫の耳の下がハゲる原因についてご紹介したいと思います。

ただ薄いだけ

飼い主に耳をチェックされている猫

ふと見ると「猫の耳の下がハゲてる?」と不安になってしまうこともあるかもしれませんが、猫の耳や耳の周辺の被毛は体毛が薄い場所です。耳の外側は特に毛が薄くなっているので、後ろ足でかきすぎたりしてもハゲてしまうことがあります。
ですから、皮膚炎などの病気ではなく、ただ薄いだけということが原因として考えられることもあるでしょう。

カビが原因

包帯をする猫

カビはお風呂などで見かけるだけと思ってしまいそうですが、実は猫の耳の下の毛が抜けてハゲてしまうときに猫に「カビの仲間」が繁殖して皮膚に感染をしてしまっているときがあります。

「皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)」とも言われ、これは主にイヌ小胞子菌というカビの一種が皮膚に感染し、繁殖してしまうことによって引き起こされる病気です。

感染をするのは耳の下だけに限りませんが、毛の薄い場所にもなり、感染をしてしまった猫は円形の脱毛を引き起こしてしまうのが特徴です。猫に痒みが起こらず、自覚症状がないので飼い主さんも触っているときなどにふと気がつくことが多いでしょう。

「皮膚糸状菌症」は人間の子供にも感染をしてしまいます。もし感染をしてしまうと、首や腕に「痒み」「赤くなる」「湿疹が出る」などということがありますので、無症状の猫の場合でも触ったあとには手を洗うなどとするようにしなくてはいけません。

また、「皮膚糸状菌症」に感染をしてしまった場合には、動物病院で抗真菌薬を処方してもらうと治ります。

ダニによるもの

猫の耳アップ

猫の耳の下などの毛がハゲてしまうときに多くの原因がダニです。ニキビダニや猫疥癬(ねこかいせん)などが原因になってしまって、猫の顔や耳の周辺、首などがハゲてしまうことがあります。

ニキビダニは猫の体にいないダニではないのですが、老化や病気などが原因によって「猫の免疫が下がっている」と、ニキビダニが悪さをして脱毛や皮膚炎を発症させてしまうことがあります。

ですからニキビダニによって皮膚炎などになってしまったときには「何か病気」になっており、免疫が下がっていることも考えられるので、早めに動物病院へ相談をすることが大切です。また、猫疥癬はネコショウセンコウヒゼンダニが皮膚に寄生することで発症します。

アレルギーなど

目を閉じて日光浴をする猫

猫にも人間のようにアレルギーがあります。食べ物によるアレルギーや花粉、紫外線など様々な種類がありますが、紫外線によるアレルギーの中に「日光過敏症(日光皮膚炎)」というものがあげられます。

これは被毛の紫外線を通しやすい部分、つまり毛の薄い耳の下や鼻の周り、白い部分などに炎症を起こすというものです。日光浴がいけないわけではないのですが、太陽の紫外線が原因によって被毛の薄い部分や白い部分が皮膚がんになってしまうこともあります。

ですから、特に白猫は気をつけなくてはいけないでしょう。

年齢によるもの

年老いた猫

猫の耳の下などの毛はもともと薄いのですが、年をとるにつれても薄くなることがあります。耳や鼻、目などの周りの毛が皮膚炎などではなく、ただうっすら薄くなるときには「老化によるもの」だと考えて良いでしょう。

しかし、ごっそり抜けたり痒そうにしたりするなど、症状があれば年齢が原因ではありませんので動物病院に相談してください。

猫が耳の下をかいてしまうときの対策

後脚で耳の後ろを掻く猫

猫の耳の下がハゲてしまうと「どうしよう」と飼い主さんも心配になってしまいますよね。猫もダニなどが原因による皮膚炎でハゲてしまっているときなどには、症状として「かゆみ」があるので耳の下を後ろ足で必死にかいてしまうこともあるかもしれません。

しかし、かけばかくほどかゆみが激しくなったり耳を傷つけて出血をしてしまったりすることもあるので、早めに対策をしなくてはいけません。
では飼い主さんができる対策方法はどのようなことがあるのでしょうか。ご紹介します。

爪を切る

飼い主に爪を切られている猫

猫の爪は鋭く、自分をひっかくと傷つけてしまうこともあります。耳の下などをかいてしまうときには後ろ足を爪切りで切るようにすると、掻き傷を軽減することができるでしょう。

エリザベスカラー

エリザベスカラーをつけた猫

エリザベスカラーをつければ、はじめから猫が耳の下をかくことができなくなるので、症状が強い猫におすすめです。しかし、エリザベスカラー自体を嫌がってしまうこともあるので飼い主さんが異常がないかなど、様子を見てあげるようにしてください。

ネイルキャップをする

ネイルキャップをする猫

猫のネイルキャップはひっかき防止用のアイテムですが、こちらをはめると耳の下もかくことができなくなるので、対策方法としてはおすすめです。しかし猫にとってストレスになる事もありますので使用する際はよく観察しながら使いましょう。

まとめ

大きな耳の猫の顔アップ

猫の耳の下がハゲていると病気かと心配になってしまいますよね。猫の耳の下がハゲてしまうときにカビやダニ、紫外線などのアレルギーが原因となっているときもありますが、年齢的なものであったりもともと体毛が薄いだけなどの問題がない場合もあるでしょう。

もし猫の皮膚炎などが疑われるときには、早めに受診をしてあげるようにしてくださいね。