死んだ猫が悲しむ飼い主の6つの行動

死んだ猫が悲しむ飼い主の6つの行動

猫が死んでしまうのはとても悲しいことですが、死んだからそれで終わり、と言う訳ではありません。猫の魂は消えてはおらず、飼い主の様子を気にしている場合が多々あるのです。そんな猫を悲しませてしまう飼い主の行動を、挙げてみました。

7014view

死んだ猫を悲しませない為に…

死んだ猫を悲しませてしまう、飼い主の行動には、こんなものがあります。

1.悲しみから立ち直れない

悲しみ

死んだ猫は実は、しばらく飼い主の元にいると言う話があります。猫が死んで直ぐは、鈴や爪とぎの音がした、毛の感触がした、匂いがしたなど、まだそこに猫がいるような不思議な出来事が起こることが多いのです。

猫が飼い主を心配して側にいる時もありますし、死んだ事が分かっておらず、まだ飼い主の元にいる場合も。ただ、そこで飼い主が深い悲しみから立ち直れないでいると、猫も心配で旅立てなくなってしまうでしょう。

2.自分を責める

責める

「あの時、こうしていれば…」「もっとこうしてあげれば良かった」など、猫の死に直面して自分を責め続けることは、猫を悲しませてしまいます。やってしまいがちですが、自分を責めるのはヤメましょう。猫が余計に悲しんでしまいます。

3.無理をする

無理

悲しんでいると猫が悲しむから…そう思って、無理をするのも、良くありません。「ではどうすれば?」と思うかもしれませんが、悲しい時は思う存分、悲しんで良いのです。決して無理に気持ちをあげようとしたり、悲しい気持ちを見ないようにしなくても、大丈夫。

むしろ思いっきり猫との別れを悲しんで気持ちの整理ができたら、感謝と共に愛情を込めて、猫を送り出してあげれば良いのです。猫が死んでも飼い主の側にいることは多いようですし、飼い主の死後に会える可能性もあるそうです。そう思えば、猫との別れはさほど、辛く感じなくなるのではないでしょうか?

もし側に死んだ猫がいるな、と感じたら、普段通りに遊んであげると良いそうです。姿は見えないけれど、猫はそこにいるのです。いままで通り、可愛がってあげてくださいね。

4.生きる気力を失う

気力

猫と別れたことで生きる気力を失い、自殺まで考えてしまう飼い主も。本当にそれが、猫が望んでいることでしょうか?飼い主が自ら命を立って猫に会いに行ったとして、歓迎してくれるでしょうか?

自分が死んだことで飼い主が自殺してしまったら、猫が喜ぶどころか悲しませてしまうのは、目に見えています。ですから、姿は見えなくても猫は側にいる、どこかで飼い主を見てくれているはずです。

5.存在に気がつかない

存在

猫が死んでも飼い主の側にいることが多い、と前述しましたが、その存在に気がつかないと悲しんでしまうかも。もちろん目には見えないので仕方がないですが、もし猫の気配を感じたら否定するのではなく、そこにいることを受け入れてあげましょう!

6.猫の最期に愛情をあげられなかった

愛情

あってはならないことですが、猫を捨てるなどして最期を迎える時に愛情を与えてあげなかった時は、とても悲しみます。不慮の事故に遭ってしまった時もです。この場合、何かを訴えたいと言う気持ちから、飼い主の側を離れないことがありますので、供養してあげた方が良いようです。

まとめ

悲しむ

猫が死んだ後、どう過ごして行くかもとても大切ですが、猫が生きている時の接し方も、大事ではないでしょうか?あまりに猫に依存していると、いざと言う時に多大なダメージを受けてしまいます。猫にベッタリなのが悪い訳ではありませんが、どうしても猫の方が寿命が短いので、先に死んでしまうことを心の片隅に置いて過ごす方が、良いのではないでしょうか?

スポンサーリンク