人間も食べられる安心なキャットフード「カナガン」 おすすめポイント3つ

人間も食べられる安心なキャットフード「カナガン」 おすすめポイント3つ

みなさんは、キャットフードを選ぶ時に、一体何を重要視したらいいの?と悩んだことはありませんか?日々与えるものですし、愛猫の食いつきの良さ?コスパの良さ?安全性?…私もいろいろと悩み、キャットフードについて調べた結果、最終的にカナガン キャットフードにたどり着きました。キャットフード選びに悩んでいる方、参考にしてみて下さい。

1594view

おすすめしたいカナガンキャットフード!

カナガン キャットフードと猫

私がカナガンキャットフードをおすすめする理由はたくさんあるのですが、今回はおすすめポイントを3つにしぼってみました。

1.カナガンキャットフードは人間でも食べられる

おすすめするポイントの1つは「人間でも食べられる」という安全性です。

私が何故、安全性を重要視するようになったのか。それは、キャットフードの中には「4Dミート」が含まれているものがあると知ったからです。

「4Dミート」とは、アメリカの食肉のランクのことで、Dead(死んだ動物の肉)、Dying(死にかけの動物の肉)、Diseased(病気の動物の肉)、Disabled(障害のある動物の肉)を使用した肉のことを意味します。

猫を飼い始めて間もない頃は、キャットフードに関する知識もなく、パッケージに書いてある文章を読んで「これ美味しそうだな」という感覚だけでキャットフードを購入していました。

しかし、そのようなものが含まれているフードを食べさせていたのかもしれないと考えると、愛猫に申し訳なくなりました。

もちろん、それが含まれているからといって、悪いキャットフードということにはならないと思いますが「愛猫とずっと一緒にいたい」という気持ちがキャットフードを見直すきっかけになりました。

そして見つけたのが、カナガン キャットフードです。公式サイトの商品の紹介には「すべて人間でも食べられるほど、高品質で新鮮なものを厳選しています。」とあります。人間でも食べられる高い安全性、これがおすすめポイント1です。

2.カナガンキャットフードは食い付きがいい

カナガン キャットフードを食べる猫

おすすめポイントの2つ目は、なんといっても愛猫の食いつきのよさです。カナガン キャットフードにたどり着くまでに、2種類のキャットフードを試しましたが、必ず食べ残しがありました。

しかし、カナガン キャットフードに変えてからは、食べ残しが全くありません。

原材料としてチキンが使われていて、キャットフードの封を開けるとものすごくいい香りがします。猫は元々、肉食動物なんだそうです。チキンのいい香りが、我が家の愛猫の食欲をそそっているのでしょう。

3.カナガンキャットフードは管理がしやすい

そしてポイント3つ目は、フードの管理のしやすさです。我が家は、愛猫1匹です。

一度、開封したフードを食べきるには約1カ月かかります。その間、フードをタッパーに移し変えていましたが、密閉ができていない状態での管理に不安がありました。

カナガン キャットフードはチャック付きです。そんなこと?って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これが地味にいいんです。

タッパーに移し変える手間がないですし、何よりチャックで封ができるので、フードの風味が逃げません。いつ開けても、チキンのいい香りがします。

愛猫の食べ残しがなくなったのは、チキンの風味がずっと続いているから、という理由もあるかもしれません。

カナガン キャットフードの成分

粗タンパク質37.00%、脂質20.00%、粗繊維1.50%、粗灰分8.50%、水分7.00%、オメガ6脂肪酸2.99%、オメガ3脂肪酸0.82%、カルシウム1.58%、リン1.40%、エネルギー(100gあたり)約390kcal

カナガン キャットフードを食べさせて変わった所

  • 食いつきが良く、食べ残しがなくなりました。
  • 朝は、私を起こしてフードを催促するようになりました。朝4時に起こしに来ることもあるほどです。

カナガンキャットフード チキン(1.5kg)

カナガンキャットフード チキン(1.5kg)
4,968円(税込)

まとめ

舌を出す猫

たくさんの種類があるキャットフード、何が愛猫にとって良いのか悩みます。

私もいろいろ試した結果、カナガン キャットフードにたどり着きました。「愛猫とずっと一緒にいたい」という気持ちがキャットフードを見直すきっかけになりましたし、フードがいかに大事なものかということにも気付かされました。

朝早く起こしに来る愛猫と、ずっと一緒にいられるように、これからもカナガン キャットフードを使い続けていきます。