猫がこたつを好きなのはどうして?使う時の注意点

猫がこたつを好きなのはどうして?使う時の注意点

猫はこたつで丸くなると歌われる歌詞は、本当の話です。猫はこたつが大好きです。猫にとってのこたつは魅力がいっぱいあります。冬にこたつを使用する時に、猫が注意しないといけない事をまとめました。

1493view

猫がこたつを愛する理由

こたつとテーブルの上に置かれたみかん

こたつの温かさを知った

猫が暑いと涼しい場所を探し、寒いと暖かい場所を探しに行くのはご存じだと思います。

猫が寒いときに、暖かい場所として優先的にこたつを選んでしまうのは、温度が最適だからなのです。

こたつの中は囲まれているので、寒い空気が当たらずに保温効果があります。寒いときには、とにかく暖かい場所を求めて体温を保とうとします。

冬の暖房器具に、こたつ派の人とそうでない人がいますが、猫にとっては必須アイテムなのでしょう。

隠れ家に最適

猫にとって、こたつは暖まるだけではないのです。

こたつは隠れ家のひとつで、誰にも邪魔されない一人のスペースが確保できることや、隠れたいときの逃げ場として愛用されています。

また、猫は大事な物を取られないように隠す習性があります。敵に見つからずに隠して置ける場所でもあるようです。

そんなことからこたつは、猫の好きな暗さと広さと低さが、絶好の場所なのでしょう。

猫が好きなこたつでの注意点

水分不足に気をつけて!

自動給水器で水を飲む猫

こたつをこよなく愛する猫には、長時間入ってしまわないようにしましょう。

こたつの温熱で猫の体の水分がどんどん奪われてしまいます。寒くなると、水を自ら飲むことが減るので、長く入っていたら脱水症状や熱中症を起こしてしまいます。

低音火傷に注意!

眠そうな猫の顔アップ

こたつを高温に設定してしまったり、長時間入ったりすることで低音火傷になることもあるのです。

猫が温度を判断するのは鼻です。鼻から熱さなどを嗅ぎ分けて判断しますが、皮膚が熱いと感じるのは鈍感なようです。

また猫の体は、厚い被毛で覆われているので、皮膚に熱を感じるまでに時間がかかることも挙げられます。

酸欠に注意

こたつの中でくつろぐ猫

我々が使用するこたつは、足を入れる場所なので全身潜るということはないと思います。

こたつに潜り混んだときに、息苦しくなってしまうのは酸欠状態になっているからです。締め切った空間は、空気の循環が悪くなっているので、暑さと酸素不足が酸欠状態を招きます。

猫がこたつを使用するときは、こまめに空気を入れ替えることが大切になります。

コードを噛まないように注意しよう

コードを齧っている猫

こたつの中での猫の行動は見えません。もしこたつの中のコードを噛んでしまうととても危険です。

猫がコードに興味を持つと、引っ掻いたり噛んだりして感電する恐れがあります。コードは、まとめて隠すようにするか、カバーなどをして対策しておきましょう。

猫の居場所に注意してあげよう

人の足を見つめる猫

こたつが好きな猫は、結構な時間、中に入っていますが、ほとんどの猫は暑くなるとこたつの外側に移動したり、顔だけ出したりしている場合があります。

外からでは、猫がこたつ布団のどこにいるかわかりにくいと思います。知らずに踏んでしまうことのないように注意しましょう。

こたつのそばを歩くときは、猫がいないか確認してあげましょう。

電源を付けたまま出掛けない

ドアから出ようとする猫

家を空けるとき、猫だけの留守番時に電源を切って出掛けるようにしてください。寒くて可哀想だからと、こたつを付けっぱなしにすると思わぬ事故や火事を招く恐れがあり危険です。

また、飼い主さんが家にいる間でも、滴度にこたつの電源を切るようにしましょう。

長時間入ってしまう猫の危険面を考えると、たまに電源を消して安全にする方が良いと思います。特に、子猫や高齢猫、体の弱い猫には注意してこたつを使用させるようにしましょう。

まとめ

こたつの横でくつろぐ猫

猫がこたつを使用するときは、温度管理、体調管理、行動管理をしてあげるようにしましょう。最近では、猫用のこたつがでまわっています。

猫のサイズでとても可愛らしいこたつです。

やはり、猫と言えばこたつと言う言葉はしっくりきますね。猫の、冬の間の楽しみでもあるこたつで、注意しながら快適に過ごしてもらいたいですね。