猫のフード「アーテミス」成分や特徴、与え方やおすすめ商品まで

猫のフード「アーテミス」成分や特徴、与え方やおすすめ商品まで

アーテミスのキャットフードをご存知でしょうか?アーテミスはドッグフードで有名ですが、キャットフードでも高品質なものを提供してくれています。キャットフードのアーテミスについて、成分や特徴、与え方、おすすめの商品についてご紹介します。

1449view

アーテミスとは?

餌と長毛の猫

アーテミスとは、1998年に設立された、カリフォルニア州カーソンにあるペットフードの会社です。アーテミス社のペットフードは、世界でも25カ国で取り扱われている、プレミアムペットフードで、アーテミスのフードはアメリカで権威ある、犬の専門雑誌のホールドッグジャーナルで最高級品質と評価され続けており、キャットフードも品質の高さが期待できます。

厳選した素材を使用したフードの大切さと必要性を、犬や猫を飼っている人たちに伝えていきたいという思いで作られています。

アーテミスの材料には良質な複数のタンパク質を最良のバランスで配合しており、猫の成長期の体格形成や維持を助け、一種類のタンパク質によるアレルギー反応がおこりにくいようにします。

アーテミス社は、健康的なペットフードを提供するだけでなく、動物を一生世話するということを考えて商品を作っています。

アーテミスの特徴

山盛りキャットフードと猫

素材は人間の食品基準

アーテミスのフレッシュミックスというフードは、厳選された新鮮素材だけを使用し、人間が食べても安全なほどの品質となっている猫用フードです。時間と手間をかけて行なう独自の加工方法で、フードの新鮮さにこだわり、素材が持つ栄養とおいしさを最大限に活かしています。

グレインフリー

アーテミスのオソピュア グレインフリーという猫用フードは、本来は肉食動物である猫の消化機能に着目した、グレインフリー=穀物不使用のフードです。オソピュアには、猫のアレルギーの原因となりやすい白米・小麦・トウモロコシだけでなく、米や麦類を一切使用していません。

さらにアーテミスでは3種類のタンパク源にもこだわり、栄養価が高いガルバンゾー豆=ひよこ豆を配合しています。

人工添加物不使用

アーテミスのフードは、人工の保存料、着色料、また副産物も使用していないとのことです。保存料の代わりに、天然ハーブやビタミンなどを使って、フードの酸化防止をしています。人工添加物、不使用と明記されているのは安心できますね。

アーテミスの成分

キャットフードと原料

粗タンパク質

粗という表記は、他の成分もわずかながら含まれているという意味となります。

アーテミスは、粗タンパク質の成分が30.0%以上となっています。もともと肉食である猫にとって、これは大切なことだと言えます。

タンパク質が摂れる原材料はフレッシュチキン・ドライチキンが主となっています。人間でも食べられるレベルの食材を使用しているため、猫の理想的な餌だと言えますね。また、ミールは、原材料の肉部分を乾燥させたものを使用しています。

粗脂肪

アーテミスの成分表でフレッシュミックスの場合、粗脂肪は20.0%以上となっています。タンパク質と同様に、脂肪も重要なエネルギーの元となりますので、脂肪がちゃんとあることも大切です。

原材料にある鶏脂肪には、オメガ6、オメガ3必須脂肪酸などの栄養素が含まれており、猫の皮膚や毛並みの状態を整えてくれます。

粗繊維

猫にとっては繊維質のものはあまり消化するのが得意ではないため、粗繊維が最大でも3.0%以下となっているのは安心できると考えられます。粗繊維の含有量が高いほど、栄養価は低くなるとされますので、良い便通や毛玉の排出に必要な程度の量だけ含まれているということになります。

粗灰分

粗灰分とは、食品を燃やした時に灰になって残ったミネラルのことを指します。猫にとってミネラルはとても大切であり、カルシウム、ナトリウム、リン、マグネシウム、カリウムなどがあげられます。

ただし、摂りすぎは結石ができる原因ともなるので良くないため、最大値を決めてある表記となっているので安心できると言って良いでしょう。

ミネラルのバランスが崩れることで、尿結石や腎不全の危険が出てきますので、うまく配合されていることはとても大切です。

アーテミスの与え方

瓶に入った餌と食べる猫

猫にとってとても栄養バランスの良いアーテミスですが、多くあげれば肥満になり、少なければ栄養不足になることもあるため、給餌量を守ることはとても大切です。

1日あたりの与える目安として、幼猫から成猫まで、さらに妊娠期や授乳期にも対応しているフレッシュミックスでは次のようになっています。

生後12カ月まで

月齢
離乳期〜生後4ヶ月54gまで
生後4ヶ月から9ヶ月45gまで
生後9ヶ月から12ヶ月まで36gまで

生後12ヶ月以降の成猫

月齢
体重2kg〜3kg57g〜71g
体重3kg〜4kg71〜84g
体重4kg〜5kg84g〜96g
体重5kg〜6kg96〜108g
体重6kg〜7kg108g〜119g

運動量の少ない猫であれば、上記よりも8g〜10g減らした量を与えます。授乳期の母猫には、2〜4倍以上の量を与えることもあります。猫の状態や体調によって、目安の量を参考にしながら、給餌量を変えるようにしましょう。フードを与える時には、新鮮な水がいつでも飲めるようにしておいてくださいね。

アーテミスの種類

餌を食べる子猫と見守る親猫

幼猫〜成猫用

フレッシュミックス フィーライン

フレッシュミックス フィーライン
1,270円(税込)

商品情報
全ての年齢の猫に

アーテミスの猫用フードは、幼猫〜成猫用となっており、さらに量を調整することで、妊娠期や授乳期にも与えられるようになっています。

フレッシュミックスは、人間でも食べられるレベルの原材料を使用しており、人工添加物も使用していませんので、安心して与えられます。

成猫用1歳〜7歳

フレッシュミックス アダルト

フレッシュミックス アダルト
2,077円(税込)

商品情報
合成保存料や化学防腐剤、副産物不使用

原材料の肉の種類は2〜3種類で、人間が食べられるレベルの素材だけで作られています。 さらにヘアボールコントロール機能、消化酵素、乳酸菌も配合されています。1歳以上〜7歳の成猫に与えることができます。

ケアできるフード

オソピュア グレインフリー

フィーライン サーモン&ガルバンゾー
2,608円(税込)

商品情報
穀物不使用

グレインフリー=穀物不使用となっているため、穀物アレルギーのある猫に与えることができます。また、主な材料のサーモンは脂質構成やアミノ酸バランスが良く、消化吸収も良いので、獣肉にアレルギーがある猫でも安心して与えることができます。

ウェットフード

オソピュア グレインフリー

オソピュア グレインフリー
3,218円(税込)

商品情報
ツナをメインとしたセット商品

ツナ、ツナ&サーモン、ツナ&パンプキン、ツナ&チキン、ツナ&シュリンプの5種類があります。厳選されたツナにスープをプラスしてあり、全年齢の猫に与えることができます。

全てグレインフリーのため、小麦にアレルギーのある猫に安心して与えることができます。

まとめ

餌を食べる犬と猫

安全で高品質なフードとしてドッグフードで有名なアーテミスは、キャットフードでも人気のプレミアムフードとなっています。

人間も食べられるレベルの素材を使い、人工添加物を使っていない、さらにグレインフリーであるということも、猫を飼っている人が選ぶ理由となっています。

ドライとスープ仕立てのウェットがありますので、どちらのタイプを食べている猫でも与えることができます。

全年齢、全猫種に与えられるフードが揃っているので、猫の好みに合えば、安全性の高いアーテミスを与えてみてはいかがでしょうか。

50代以上 男性 musselwhite

1歳半のベンガルキャットの女の子を飼って居ます。
最初フィーラインを与えて居ましたがお断りされ、次にヒルズのダイエットプロを…半年位食べて居ましたがアゴにニキビが出るようになり、安全を考えてオソピュアに変えました。
ニキビは治まりせんが以前よりも重症化はしていません。
1日の給餌量は40グラム前後と小食気味ですが、元来小型で、獣医さんから1歳の体重3.4キロを維持するようにと言われこの量にしています。
現在まで1.8キロの袋を3袋食べさせて居ますが、依然飽きる様子もなく美味しそうに食べています。
排便は1日1回で下痢や便秘の様子は無い様です。
与え方は朝晩に15グラムずつ、昼夕にお八つ代わりに5グラムずつ与えて居ます。
今後、暫く続けて様子を見ようと思います。