猫の多頭飼いをはじめたら『システムトイレ』がおすすめ

猫の多頭飼いをはじめたら『システムトイレ』がおすすめ

猫ちゃんのトイレ、今は何を利用されていますか?我が家では、普通の紙砂のトイレを利用していましたが、最近システムトイレへ切り替えをしました。その際に実践した切り替え方法をご紹介します。

2256view

我が家が切り替えたきっかけ

一緒にトイレに入る子猫たち

我が家には、元々2匹の大人猫がいました。
彼らは普通の「色が変わって固まる紙砂」を使用していました。
最近、新たに2匹の子猫をお迎えして、たちまち発生したのがトイレ問題です。

多頭飼いで問題発生!

猫のトイレ掃除をする女性

もちろん猫数が増えたので、トイレの数もふやしました。
すると、次のような問題がでてきました。

  • 紙砂がたくさん必要になった
  • 毎日たくさんの固形汚物が発生する
  • 臭いがきつくなった
  • ゴミの量が増えて、とても重くなった
  • 常にどこかのトイレが汚れていて、頻繁にトイレ掃除が必要になった
  • 誰かのトイレの後に別の子が使って、固まりを崩してしまう

我が家はこれを機に、システムトイレに切替えを行いました。
これらのトイレ問題のいくつかは、どのご家庭でも抱えていると思います。
もしかして、猫ちゃん側も現状のトイレに対して、何かしらのストレスを抱えているかもしれません。
思い切ってシステムトイレに切り替えてみてはいかがでしょうか?
特に、多頭飼いのお宅にはお勧めしたいと思います。

猫のシステムトイレを選ぶときの決め手

部屋に置かれた猫用トイレ

新しくシステムトイレを購入する際は、以下のようなことを考慮してみましょう。
お家にとって、愛猫ちゃんたちにとって、何を優先するとよいのかを考えるといいでしょう。

人間側の理由

  • 今までのトイレの置場におさまる大きさか?
  • お部屋のインテリアにマッチするカラーや形状か?
  • メンテナンスはしやすか?
  • 取り換え品(消耗品)は簡単に入手できるものか?
  • その際の費用はどれくらいか?(ランニングコスト)
  • 一つのトイレを数頭の猫が利用しても1週間程度は効果が持続するか?

猫側の理由

  • 今まで使っていたトイレと形状などに大きな差はないか?
  • トイレ本体のサイズは体の大きさにあっているか?
  • 砂(チップ)がどんな素材でできているか?
  • 砂(チップ)の粒の大きさや硬さはどうか?
  • 健康チェックのためにオシッコやウンチの状態を確認できるか?

いよいよ紙砂からシステムトイレへの切替え

STOPの看板を持った猫

早速新しいトイレを買ったのがうれしくて、今までのトイレをバッサリ片付けてしまい、新しく買ったきれいなトイレを設置!!これは絶対にやってはいけません。

猫ちゃんの側に立って考えてみましょう。
さっきまで自分や仲間の臭いを頼りに使っていたトイレが突然なくなって、全く知らない形の匂いのトイレがあったら、戸惑ってしまいます。

多頭飼いをしていると、性格によっては、そんなの気にしないという子もいるかもしれませんが、大方は気にする子だと思います。ただし、心配することはありません。

メーカーさんの調査では、8割の猫ちゃんは1日以内に慣れて、9割の猫ちゃんは3日もすれば慣れるとのことです。

次のような手順で切り替えてみましょう

1.砂やチップは、今までつかっていた紙砂に近い大きさのものを準備

今まで小粒の軽めの紙砂だったのに、突然、飛び散りにくいからという理由で大きめの粒に変更しては、足にふれる感覚が違いすぎて驚いてしまいます。

2.トイレを置く場所は、今まで通りのところ

今までのトイレの場所を突然変えてはいけません。
一度身についた生活習慣を変えてしまうのは大きなストレスです。

3.新しい砂やチップの上に、古い紙砂や、固形汚物を少量混ぜて匂いを移す

これで、自分のトイレと認識する場合が多いです。

切替えがスムーズにいかないこともあります

神経質な性格の子は、なかなか新しいものに慣れないことがあります。
その場合は、次のようなことを試してみましょう。

  • 1.今までのトイレと新しいトイレを二つ並べて置いておく
  • 2.古い紙砂や固形汚物を混ぜる量を増やしてみる
  • 3.古い紙砂のトイレの掃除をせずに放置しておく

(猫は、汚れたトイレで用を足すことを嫌がることが多いです)

どうしてもうまくいかない場合は諦めも必要です

トイレットペーパーと子猫

神経質な猫も、そうでない猫も、何かがきっかけでオシッコやウンチを我慢してしまうことが多々あります。新しいトイレに慣れず、我慢することも当然あります。
そして我慢しきれずに粗相してしまう場合も。
さらに、そのまま泌尿器系の病気になってしまうことがあるかもしれません。
こうなってしまうと、人も猫もお互いつらいですよね。

愛猫ちゃんがトイレを我慢していることがわかったら、潔く切替えを諦めましょう。
ちなみに、我が家では、4頭いるうちの1頭は、どんな工夫をしても新しいトイレを使うことはありません。
トイレ切替え期間中はずっと我慢をして危険だと判断しました。
そのため、今までの紙砂のトイレは一つだけ残したままです。

さいごに

猫用トイレから出てきた黒猫

新しいシステムトイレに切り替えると、人間側のストレスは大幅に解消されるので、是非お勧めしたいアイテムですが、猫側はそう思わない場合もありそうです。

どちらが良いのか、よく見極めて、お互いストレスのないトイレを準備したいですね。