捨てるの待って!処分予定のお布団で、猫用ペットケージの冬支度!

捨てるの待って!処分予定のお布団で、猫用ペットケージの冬支度!

捨てたいくらい古いお布団でも、猫にとっては良い座布団。好きなサイズにカットして、色んなところに敷いてあげませんか?切りっぱなしでも大丈夫!汚れても、気軽に処分できるペッドパッドのできあがりです。

1419view

布製ペットケージを、ふかふかソファー付き2階建て猫アパートへ!

我が家には、緊急避難用の折りたたみ式布製ペットケージがあります。
ベッド類を準備しなければならないのですが、なかなか良いサイズのベッドがありませんでした。そこで数年前、処分予定の敷き布団をカットして、ピッタリサイズのベッドを作ろうと思い立ちました。

とは言っても、切りっぱなしだしサイズはちゃんと計っていないしで、実際は少々はみ出したり足りなかったり。それでも、猫たちはご機嫌で使ってくれています。

今回、冬用にバージョンアップさせてみました。

材料

  • 捨てようと思っている、古い敷き布団
  • 布用のハサミ(紙用はNG!)

作り方

①お布団をカットする

ハサミと敷き布団

マジックで線を引いて、カットします。
少し力は要りますが、布用のハサミなら、敷き布団だって楽に切れますよ。

②ケージに入れる

ケージとお布団

切ったものを、ケージに押し込みます。
縦幅は少し大きめに切って、背もたれにしました。

③背もたれと脇を強化

背もたれと脇付き

後は好きなように、厚みを強化します。
今回、背もたれと肘置きを置き、今まで使っていた床用お布団も乗せました。
前と左側は出入り口なので、そのままにしてあります。

④カバーをかける

カバーをかける

暖かさ強化のためと、汚れ防止のためにカバーを乗せました。
(うちの猫はしょっちゅう吐くのです!)
このカバーも、人間用毛布を4分の1にカットしたものです。

⑤2階部分に毛布を置く

完成

このケージは丈夫なので、上にも乗れます。
2階部分も色々かき集めて暖かさ強化です。

使い心地は?

この2階建て猫アパートは、本来日向ぼっこ用なのですが、日差しがなくても寝ていたりするので、結構気に入ってくれているようです。

お布団利用の応用編

黒とお花のパッド

オレンジの花柄は、キャリーバッグ専用の敷きパッドです。

最初は、冬に病院へ行く時の寒さ対策として作りました。現在は、病院へ行くたびなぜかキャリーバッグの中で用を足す、18歳長男猫のペットシーツとしての役割も果たしてくれています。

これ1枚では役に立ちませんが、何枚か重ねて使い、帰りは予備と交換します。
四隅と真ん中を糸で固定して中綿がずれないようにし、うちに帰れば即、洗濯機で洗えるようにしてあります。

黒い方は、薄手の掛け布団を半分にカットしたものです。病院に行く時などにキャリーバッグの上から掛け、主に防寒用として使っています。

使いすぎてペッタンコですが、かえって使いやすく重宝してます。

まとめ

お布団はポリエステル製なら気楽に洗えますし、サイズが小さいので乾くのも早いです。乾燥機もOKですので、ノミダニ対策もバッチリです。

綿のお布団は洗うとダマになるのであまりお勧めできませんが、羊毛布団なら使えます。

我が家のように切りっぱなしでも全然大丈夫ですし、猫たちがご機嫌になるだけでなく、残ったお布団の処分が少し楽になる、というオマケ付きです。

処分したいお布団があったら、是非試してみてくださいね。

   
人気のキーワード