猫と一緒に避難訓練!用意しておくべき物と情報

猫と一緒に避難訓練!用意しておくべき物と情報

災害はいつ起きるか分かりません。そこで、猫と同行避難することを想定した避難訓練をしておくと、万が一の時の役に立ちます。猫と避難訓練をする時に、用意しておく物と情報について、まとめてみました。いざという時に困らないよう、チェックしてみてくださいね!

1063view

猫と避難訓練するときに必要な物

避難訓練をする少年の後ろ姿

愛猫と、避難訓練する際に必要になる物には、どんなものがあるのでしょうか?
避難訓練では、実際に避難所で暮らす訳ではありませんが、愛猫と必要な物を持った状態で訓練することが大切です。

  • その1 キャリーケース
  • その2 洗濯ネット
  • その3 ハーネス、予備の首輪
  • その4 猫のご飯(5日分以上)、食器、水
  • その5 猫のトイレ一式
  • その6 療法食、薬
  • その7 ペットシーツ
  • その8 おもちゃ、猫の匂いがついたタオル
  • その9 飼い主の情報を記載したメモ
  • その10 (あると便利)ブラシ、ブランケット、ガムテープ、新聞紙
  • その11 飼い主さん用の避難グッズ

その1 キャリーケース

キャリーケースに入ったグレーの子猫

愛猫の頭数分の、キャリーケースを用意しましょう。
ふだんから猫のいる部屋に、蓋を開けた状態で置いて慣れさせておくと、いざという時に入ってもらいやすいです。
猫も慣れた物だと安心するので、病院に行くときだけに入れられる嫌なもの、というイメージを持たれないように注意しましょう。

基本的には、1人1匹を運ぶようにします。
もし人手が足りない場合は、1人で複数匹運べるような対策が必要です。
例えば、キャリーケースの形状を考える、自転車で運ぶなどです。

その2 洗濯ネット

洗濯ネット

目が荒い、大きめな洗濯ネットを用意しておき、猫をその中に入れましょう。
狭い場所に入れると猫が安心しますし、洗濯ネットであればお互いに姿が見られます。
脱走防止にもなりますので、洗濯ネットに入れた後、キャリーケースに入れると更に安心です。

その3 ハーネス、予備の首輪(迷子札付き)

ハーネスをつけて座る長毛猫

ハーネスは、避難先での猫の安全を守る、周囲への配慮のために必要となります。
災害時に、首輪が取れてしまうかもしれないことを考え、迷子札付きの首輪も、用意しておきましょう。
できれば、愛猫をハーネスに慣れさせておくと、避難後スムーズに付けさせられます。
子猫は割と慣れるのが早いですが、成猫は時間がかかるかもしれません。
根気良く、慣れさせていきましょう。

その4 猫のご飯(5日分以上)、食器、水

リビングでご飯を食べる猫

猫のご飯は必須です。必ず、用意しておきましょう。
食べ慣れたものの方が◯。食器やペットボトルの水も、持ち出し袋に入れておきましょう。

その5 猫のトイレ一式

猫用システムトイレ

避難所で問題になりやすいのが、排泄物です。特に猫のブツは、臭いが強烈です。
携帯用のトイレや、プラスチック容器にビニールをかけたものでも良いので、きちんと用意してあげてください。
トイレ砂は、なるべく軽いものが良いでしょう。消臭剤もあると、更にグッドです。

その6 療法食、薬

薬の入ったポーチのそばで横になる猫

言うまでもないと思いますが、療法食を食べている場合や、薬を飲んでいる場合、必ず用意しておいてあげましょう。

その7 ペットシーツ

ペットシーツと猫

ペットシーツはあると何かと使えます。数枚、用意しておきましょう。

その8 おもちゃ、猫の匂いがついたタオル

おもちゃに入って遊ぶ子猫

猫が好きなおもちゃ、匂いのついたタオルがあれば、猫のストレスが軽減されます。

その9 愛猫や飼い主の情報を記載したメモ

メモの前でくつろぐ猫

愛猫の情報はもちろん、飼い主さんの情報を記載したメモを荷物の中に入れておくと、役に立つこともあるでしょう。

その10(あると便利)ブラシ、ブランケット、ガムテープ、新聞紙

ブラシの横でくつろぐ猫

ブラッシング用のブラシや、猫の体をすっぽり包めるブランケット、その他、ガムテープや新聞紙があると何かと便利です。余裕があれば、用意しましょう。

その11 飼い主さん用の避難グッズ

非常用持出袋

猫が避難グッズだけでなく、飼い主さん用の避難グッズももちろん必要です。
愛猫と猫の避難グッズと、飼い主さん用のを持つと、どのくらいの重さになるのか、チェックしておきましょう。

猫と避難訓練するときに必要な情報

町の防災無線

猫と避難訓練をする際、収集しておいた方が良い情報とは?

  • その1 避難場所までの行き方、所要時間
  • その2 危険な場所や迂回路の確認
  • その3 家族との集合場所や連絡方法の確認
  • その4 ペットの避難方法、役割分担
  • その5 緊急時の猫の預け先の確保

その1 避難場所までの行き方、所要時間

非常用出口の看板

避難場所までどのルートを通っていくのか、また、何分くらいで避難できるのかも確かめておく必要があります。

その2 危険な場所や迂回路の確認

川に流されそうな橋

避難訓練時に、危険な場所がないか、確認しておきましょう。
もしあれば、迂回路を調べておくことも必要です。

その3 家族との集合場所や連絡方法の確認

日陰に集まる猫たち

家族とどこで待ち合わせるのか、また、連絡の方法はどうするのかなど、打ち合わせておきましょう。

その4 猫の避難方法、役割分担

物陰からあたりを伺う猫

避難所に行くのか、車中か、それとも自宅避難なのか。猫の避難方法、誰がどの荷物を持つかなど、役割分担をあらかじめ決めておくと、スムーズな避難ができるでしょう。

その5 緊急時の猫の預け先の確保

ケージの中から見つめる猫

避難所に猫を連れて行かれない事もありますし、災害時にはどのようなことが起きるか分かりません。動物保護団体や動物病院で、猫を預かってくれる場合もありますので、事前に確認して、誓約書などを交わしておくと良いでしょう。

まとめ

人の手の上に置かれた猫の手

猫と避難訓練といっても、猫を連れて行かなければいけない訳ではありません。
ストレスを与えないよう、猫と同じくらいの重さのペットボトルなどをキャリーケースに入れていっても。

最近では、同行避難訓練を実施する自治体も増えているので、積極的に参加すると良いでしょう。愛猫を守れるのは、飼い主さんだけですから、しっかりとした準備が必要ですね。

人気のキーワード