高齢猫が痙攣をおこす5つの原因と対処法

高齢猫が痙攣をおこす5つの原因と対処法

猫が高齢になってくると痙攣などの様々な症状を引き起こしてしまうことがあります。では、高齢猫が痙攣をおこしてしまう原因はどのようなことが考えられるのでしょうか。今回は高齢猫が痙攣をおこす5つの原因と対処法についてご紹介させていただきます。

944view

高齢猫が痙攣する理由

布団の上で眠る年老いた猫

猫が痙攣をおこして、

  • ぐったりとしている
  • 全身激しく痙攣をしている

などがあれば、飼い主としては「死んでしまうのではないだろうか」と思うほど不安になってしまいますよね。
ここでは、高齢猫が痙攣する理由についてご紹介させていただきます。

1.てんかんだから

高齢猫が痙攣する理由として、「てんかん」があります。人間のてんかんと同様に、猫にもてんかんの症状で痙攣を引き起こしてしまうことがあります。

脳腫瘍や脳炎などが原因で起こされるてんかんが多く、猫が痙攣をすると、てんかん発作をしている可能性が高いです。痙攣を起こすと、

  • 意識がなくなる
  • 激しく痙攣をする

などの重い症状を引き起こすこともあれば、部分的な痙攣や感覚異常を起こすこともあります。

2.熱中症だから

高齢猫が痙攣する理由として、「熱中症」があります。夏場の時期に、いつもは痙攣などしないのに、引き起こしてしまったときには「熱中症」が原因になってしまっていることが多いです。熱中症になってしまうと、

  • 体温の上昇
  • よだれ
  • 嘔吐
  • 歩行困難

などの症状が出始め、痙攣を起こしてしまうこともあります。

3.猫伝染性腹膜炎だから

高齢猫が痙攣する理由として、「猫伝染性腹膜炎」があります。猫伝染性腹膜炎は、感染をして症状が出る場合に痙攣を起こす猫がいます。痙攣を起こすだけでなく、

  • 意識障害
  • 呼吸困難

なども併発し、死に至る可能性もあるので注意が必要です。

4.中毒を起こしているから

高齢猫が痙攣する理由として「中毒」があります。神経を阻害してしまうようなものを食べたときや、殺虫剤や農薬などを誤飲してしまったときに起こるのが中毒です。中毒を起こすと軽い症状であると、

  • 嘔吐
  • 下痢
  • よだれ

などですが、重篤な場合には痙攣や呼吸困難を引き起こしてしまいます。

5.腎不全

高齢猫が痙攣する理由として、「腎不全」があります。猫の腎臓病は初期状態ではほとんど症状がありません。しかし、進行をしていくうちに、

  • 水を異常に飲む、全く飲まない
  • トイレに何度も行く、全く行かない
  • 嘔吐が増える
  • 毛艶が悪くなる

などの症状が出始めます。

そして、悪化をしつづけ末期の「腎不全」の状態になってしまうと、尿毒症を引き起こして痙攣をするようになってしまいます。

高齢猫が痙攣をしているときの対処法

日なたぼっこをする長毛の老猫

高齢猫が痙攣をし始めると、「見ていられない」くらいかわいそうになってしまいますよね。そんなときに、何とかしてあげたいと思うのが当然なのですが、飼い主の行動が誤っているとさらに高齢猫の痙攣を悪化させてしまうこともあります。

そこでここでは高齢猫が痙攣をしているときの対処法についてご紹介させていただきます。

安全な場所へ移動させる

もし高齢猫が痙攣を始めたら、「安全な場所へ移動させる」という対処をしてください。

  • キャットタワーの上
  • ベランダ
  • 階段

などで突然発作を起こしてしまうと、転落や転倒の原因になってしまいます。ですので、まず高齢猫は痙攣を始めたときには、安全な場所に静かに動かしてあげるようにしてください。

動画を撮影する

高齢猫が痙攣をしているときに、飼い主が止めて起こしてあげることはできません。そんなときにできる対処法として、「動画を撮影する」というものです。

動画を撮影して病院へ持っていけば、具体的にどのような病気なのか等を調べてくれます。
痙攣を起こしたときには、

  • 症状
  • 痙攣時間

などをメモして動画を撮影しておくようにしましょう。

高齢猫の痙攣で注意すること

布団の上で手を伸ばして眠る老猫

高齢猫が痙攣を起こすと、飼い主さんは何とかしてあげたいと、声をかけたり揺さぶったりしてしまうこともあるかもしれません。しかし、高齢猫の痙攣ではご法度な行いや、注意することがあります。

ここでは、高齢猫の痙攣で注意することについてご紹介させていただきます。

声をかけたり、揺さぶったりしない

高齢猫が痙攣を始めたら、大きな声で名前を呼んだり揺さぶったりしないようにしてください。痙攣をしているときに、外から刺激を与えてしまうと、さらに痙攣が長引いてしまう可能性もあります。

高齢猫が痙攣を始めたときには、かわいそうにはなってしまいますが、見守ってあげるようにしてください。

触らない

高齢猫が痙攣を始めたら、「触らない」ようにしてください。つい心配で触ってしまいそうになりますが、高齢猫が痙攣を起こすと意識障害などもありますので噛まれたり引っ掻かれたりしてしまう可能性もあります。

飼い主の怪我の原因にもなってしまいますので、触らないようにしてください。

頻度や時間は把握しておく

高齢猫が痙攣を始めたら、触らないようにしなくてはいけませんが、放っておいてはいけません。頻繁に痙攣をしているときや、長時間痙攣をしているときには命に関わる可能性もあります。もし、猫に異変があれば、なるべく早めに病院へ連れていくようにしましょう。

その後のケア

高齢猫が痙攣をしたときには、その後にケアをしてあげましょう。
痙攣がおさまってからも、

  • そぐったりしている
  • 目がうつろである
  • フラフラしている

などという症状があれば、病院へ連れていくようにしましょう。

猫が高齢になってきたら気を付けること

注意のマークが描かれた黒板を持つ人

猫が高齢になってくると免疫が下がったり、筋肉や体の様々な臓器の機能が衰えたりなどとなってきますよね。そのような高齢の猫には気を付けることがいくつかあります。

ここでは、猫が高齢になってきたら気を付けることについてご紹介させていただきます。

定期検診を受ける

猫は7歳になると高齢と言われるようになり、人間で言うと45歳にあたります。この年齢を境に、少しずつ衰えも目立つようになってくるので病気も発症しやすくなります。

しかし、腎臓病などの病気は進行をしていてもなかなか気づくことができません。そして、気づいたときに手遅れになってしまっているということもあるのです。そのようなことがないように、猫が高齢になったら「定期検診」は必ず受けるようにしてください。

食事内容を変更する

猫が高齢になってくると噛む力も衰えてきます。そんなときに、食事が成猫用であると、きちんと食べることができなくなってしまうこともあります。ですので、猫が高齢になったときには「高齢猫用」のキャットフードを準備してあげてくだかい。

まとめ

猫の手にタッチする人の手

猫の7歳は人間の45歳にあたります。7歳を過ぎてくると猫は高齢になり、少しずつ体も衰えてきます。猫の死因第一位である腎臓病は、悪化をすると腎不全になり「痙攣」を起こしてしまうことがありす。日頃から猫のために部屋の安全対策は考えてあげておいてくださいね。

女性 匿名

猫の7歳は人間の45歳にあたるといわれているのは確かですが、人間の高齢者は、国連では60歳以上、世界保健機関 (WHO) では65歳以上の人のことを指しています。
日本では65~74歳を前期高齢者と、75歳以上を後期高齢者とされており、20〜64歳は現役世代とされていますので、猫の7歳が人間の45歳なら、まだまだ大丈夫と思われてしまいますよ。

もっと全体的に整理しないと、何が書いてあるのか理解しにくいです。
危険な場所と痙攣を起こしていたら安全な場所に移動してから、様子をビデオで撮影して病院に行ったときに医師に見せることができるようにしましょう。と整理して書いてから、詳細な説明に入る方が理解しやすいと思います。
また、声を掛けない揺さぶったりしないと触らないは纏めて書いた方が良いし、同じことを異なる項目に何度も書き込むのは正しい理解を妨げます。
人気のキーワード