猫が死ぬまでにしたい10の事

猫が死ぬまでにしたい10の事

人が様々な欲望を持っているように、猫だって色々、やりたいと思うことがあるはずです。それはどんな事でしょうか?猫が望むことを、叶えてあげるのも飼い主として大切な役目です。もちろん、甘やかすのはいけませんが、適度に欲求を、叶えてあげてください。それにより、猫との絆が深まり、猫にも充実した猫生を、送ってもらえることでしょう。それでは早速、見ていきましょう!

5223view

猫が死ぬまでにしたいこととは?

子猫から成猫まで猫の成長

猫が死ぬまでにしたいことには、どんなことがあるでしょうか?

猫が死ぬまでにしたいこと1 美味しいご飯を食べる

冷蔵庫に入って盗み食いをする猫

美味しいご飯を食べたいと思うのは、人も猫も共通ではないでしょうか?
特に猫は、食へのこだわりが強い動物です。
猫にもよりますが、気に入ったご飯以外は口にしない、というグルメもいます。
量よりも質、高品質で猫が好むご飯を、用意してあげましょう。もちろん、肥満には注意して。

猫が死ぬまでにしたいこと2 寝心地の良いベッドを見つける

猫用ベッドで眠る猫

猫は一日の大半を、寝て過ごします。
狩りのときのため、体力を温存しているのです。
寝ていると言っても、ほとんどが浅い眠りなのですが、それでも体を預けるベッドは、とても大切です。
といっても、高級な猫ベッドを気に入るとは限りません。
猫のベッドの好みを把握するのは難しいですが、ふだん猫が良くいる場所の素材などから、大体の好みを見つけるようにしてあげてください。

わざわざ用意しなくても、猫は自分で心地の良い場所を探して入り浸りますが、こちらがプレゼントしたベッドを、気に入ってくれると嬉しいものです。
読みが当たった!とガッツポーズしたくなりますね!

猫が死ぬまでにしたいこと3 良い伴侶を見つける

犬に寄り添ってくつろぐ猫

生き物共通の願い、「良い子孫を残す」ために、良い伴侶を見つけることも大切です。
とはいっても、飼い猫は避妊去勢手術をされていることが多いので、あまり関係がないのですけども。
伴侶と言ってもそれは、子孫を残すためだけのものではなく、一生を一緒に過ごす、飼い主さんのことでもあります。
熾烈な生存競争の中、自分を保護してくれて身の回りの世話をしてくれる、温かな飼い主さんに出会うことは、猫にとって幸せなことではないでしょうか?

猫が死ぬまでにしたいこと4 健康でいる

日なたぼっこして気持ちよさそうな猫

猫だって誰だって、病気になって苦しむのは避けたいはずです。
猫の健康を保つのは、飼い主さんの役目でもあります。猫の日々の様子を観察するのはもちろん、健康を保つために必要なことはしてあげましょう。

もちろん、具合が悪くなれば、それなりのケアをしてあげてください。
でも猫は、死期が近くなれば人のように、ジタバタせずに静かに、それを受け入れる潔さも持っています。そのような猫の態度から学ぶことは、多いです。

猫が死ぬまでにしたいこと5 狩りや遊びを楽しむ

蝶々を追いかけて手を伸ばす子猫

猫が狩りをするのは本当です。
でも室内飼いだと、狩りをする機会はほとんどありません。ですから、おもちゃでたくさん遊んであげると、喜びます。
相性の良い猫を複数飼えば、お互いにじゃれ合って遊ぶこともできるでしょう。

猫生を楽しみたいと思うのは、当たり前のことです。
猫にとって楽しいと感じるのは、遊んでいるときが多いでしょう。その楽しい時間を、増やしてあげてください。

猫が死ぬまでにしたいこと6 自由気ままに過ごす

お腹を出して眠る子猫

自由に動き回るイメージの強い猫ですが、実際もその通りです。
束縛や拘束を嫌い、自分がしたいときにしたいことをする!というのが猫です。
猫が自由気ままに振る舞えるよう、心がけてあげてください。
抱っこ嫌いな猫に抱っこを強要するのは、間違えです。ご自身の欲を猫に押し付けないよう、注意が必要です。

猫が死ぬまでにしたいこと7 研ぎがいのある爪研ぎをゲットする

木で爪をとぐ猫

猫にとって爪研ぎは、とても重要です。
爪研ぎは様々な種類があり、素材の好みも猫それぞれです。
床置きか立てかけかの好みもあります。猫が好む爪研ぎを、必ず用意してあげてください。

猫が満足するものがないと、きっと家具や壁など、飼い主さんが困るところで爪を研いでしまうでしょう。お互いストレスにならないよう、猫好みの爪研ぎは必須アイテムです。

猫が死ぬまでにしたいこと8 窓から見える景色を満喫する

窓辺で外を眺める猫の後ろ姿

観察好きな猫は、窓から見える景色を眺めて、楽しんでいます。外に出たい訳ではありません。
自分の縄張りである家を守るためもありますが、空を飛ぶ鳥や行き交う人々をじっくり眺めるのが、趣味でもあるのです。
時には帰宅する飼い主さんの姿を見かけて、「ご飯をねだらなきゃ!」と思うこともあるでしょう。
猫が窓からの景色を十分満喫できるよう、窓際のキャットタワーや、座り心地の良いクッションなどを、用意してあげてください。そこでまったりと過ごす猫のいる光景は、一枚の絵のようです。

猫が死ぬまでにしたいこと9 清潔な環境で暮らす

お掃除ロボットを見つめる白猫

毎日の毛づくろいを決して欠かすことのない、綺麗好きな猫。
当然、自分が過ごす環境も、清潔なのに越したことはありません。
お気に入りのベッドやトイレは、マメに掃除してあげましょう。

それは飼い主さんにとっても、大切なことです。
不潔にしているとダニやノミが発生したり、悪臭の原因になったりします。抗議のために粗相されてしまうかもしれません。室内は、清潔に保ちましょう。

猫が死ぬまでにしたいこと10 最期まで飼い主さんと過ごす

子供の膝の上で気持ちよさそうな猫

猫を飼う以上、その命が尽きるまで面倒をみるのは、飼い主として当然の務めです。
もし突然、道端に放り出されたら、猫はどう思うでしょうか?
今まで快適な環境で暮らしていたのに、雨風にさらされ、空腹に苦しみ、具合が悪くなっても、じっと耐えるしかなくなるのです。

我慢強い猫のことですから、それでも自分の命を全うしようと、必死に生き続けるでしょう。
でも、飼い主さんと暮らした幸せな日々のことを、思い出して鳴くことだって、あるかもしれません。できることなら飼い主さんに会いたい、と願うかもしれません。

そんな辛い思いをさせないためにも、最期まで猫の面倒を、みてあげてください。
それは、猫も望んでいることに違いありません。
猫の最期を看取るのは辛いですが、感謝の気持ちを込め、寄り添ってあげましょう。

まとめ

青空と凛々しい猫

猫がしたいことは、至ってシンプルです。人間のように、ごちゃごちゃしていません。
十分に食べられて、遊べて寝られれば、それで満足してくれるでしょう。
そんな猫の望みを叶えるのは、それほど難しいことではないのではないでしょうか?

後は飼い主さんからたっぷり愛情をもらえれば、幸せな猫生を過ごしてもらえるでしょう。
猫の幸せな姿を目にすることは、飼い主さんにとっても幸せです。
お互いに幸せな交流ができるよう、心がけていきたいですね!

人気のキーワード